メバル

早春の朝マヅメメバルゲーム!胃の中から動くベイトも摘出!

朝マヅメにゴロタでユーリで釣ったメバル12cm,14cm(2020.3)

どうやら最近のメバルは早巻きに反応がいいらしい・・・。

という噂を聞きつけ、「おっ!意外やもうマイクロベイトを追い回してるんか!?」とチェックしてきたのでその実釣レポです!

水温が上がるとマイクロベイトを追い回す大型メバルが狙える説

パソコンとメモと手帳に計画目標を書く人

釣行ごとにチマチマと記録をつけるクセがあり、その記録が数年分たまるとデータベースみたいに使えるわけなんです。

過去のデータを見返していると、水温12度台で釣ったメバルの胃の中からボラの稚魚を摘出したことがあり。

今年は暖冬なので、11℃後半の水温の今、意外と小魚を追い回しているんちゃうか?

と思ったわけです。

朝マヅメの時合いをバイブレーションで探るぜ!

基本的にあらゆる魚は夜明け直前、すなわち日の出30分前くらいからが激アツ・・・!

と信じているので、早朝から護岸やゴロタ浜にエントリー。

小粒のバイブレーションで表層早巻きで攻め続けるも、特段メバルからのレスポンスもなく。

いよいよ夜が白むタイミングで、控えめなライズ。俺は知っている。アレはアジのライズだ。

↑実際に釣っているからの・・・。尺アジとかは楽しいだろうと思うけど、今回の目的はメバルチェックなので深追いはせず。

バイブからユーリに替えれば連発!食性によるところが大きい

バイブレーション一辺倒では反応が得られないので、ユーリにチェンジ。

ソリッドボディの食わせプラグながら、浮き上がりしやすい形状なので慣れないエリアのサーチにはもってこい。

慣れないエリアでは意外なところに海藻が生い茂っていたり、沈みテトラがあったりするものですが、ユーリは比較的回避性能に優れている気がするので初登板でも気持ち安心して投げられます。

魔法のリトリーブ、いわゆる緩急をつけたリトリーブでハンドル半回転2秒、もう半回転1秒のペースで巻いてくるとゴッ!

ファーストキャスト、ファーストヒット、ファーストキャッチ。

朝マヅメにゴロタでユーリで釣ったメバル12cm(2020.3)

このエリアでこのサイズか・・・という12cmくらいのロリメバ。

まあ、どシャローなのでこんなもの?なのか?

続けて、同じコースで連続ヒット!すごいぞユーリ。

朝マヅメにゴロタでユーリで釣ったメバル14cm(2020.3)

ほぼ同サイズの14cm。

完全にホゲたかと思ったので救われた形になりました。

最近のメバルのお食事事情を推察する

朝マヅメにゴロタでユーリで釣ったメバル12cm,14cm(2020.3)

朝マヅメ、シャロー、バイブの早巻きには反応なし、ユーリの魔法のリトリーブで連続して2枚、サイズは小型。

このことから、このエリアのメバルはプランクトンを中心に捕食しているシーズン。

実際に胃の中をチェックしたところ、消化されたプランクトンに混じって未消化の微生物がインベーダーのように動いていました。

やっぱり食性に合わせてルアーをアジャストさせるのが一番釣果への近道な気がします。

もう少し季節が進めば、活発に小魚を追うメバルのひったくるようなバイトを味わえると思うので、今から楽しみです。

以上、「」でした!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です