エリアトラウト

2024年初釣りは釣り天国で!今年も良い年になりますように!

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

2024年は元日から能登半島が地震・津波で被災するなど、大変な幕開けになりました。

個人としては、防災の備えを確認しつつ、日常を淡々と過ごしていきたいと思います。

今年の初釣りは「つれない釣り堀釣り天国」さんに行ってきたので、その実釣レポです!

当日のコンディション

天気は晴れ。風はほぼ無風。

釣行時間は15:00〜17:00の2時間。

気温は14度と春のよう。

水温は7度とこの時期にしては暖かい状況です。

まずは3号池で様子見

晴天でペタペタの凪、しかも水温もこの時期にしては高め。

コンディションはちょっとタフで、マイクロスプーンに追ってはくるものの口は使わない状況です。

そんな中、パラト2.1gのデジ巻きでファーストフィッシュ。

やる気がないマスが多いものの、デジ巻きアクションでスイッチが入ったような印象です。

また、まれに単発でポチャ!っと水面にライズが出ます。

なんとなくペレットを意識してるのかな?と音がした方のポイントへ、バベコンをスローにフォールさせると、一発でアンサー!

巻かずに食わせたためか、ちょっとサイズアップ。と言っても30cmクラスですが。

2023年夏の猛暑により、今シーズンはどこのエリアさんも大型は厳しそうですね。

2号池で魚の溜まり場を発見

3号池は難しそうだったので、2号池に移動。

水面のライズリンクを観察していると、日差しが暖かさのためか魚が集まっているポイントを発見!

ハイバースト0.8gの茶色を5カウントまで沈め、巻いてくると巻き始めでひったくるようにヒット!

created by Rinker
DUO(デュオ)
¥457
(2024/02/13 21:21:26時点 Amazon調べ-詳細)

それも、連発です。

 

サイズこそ20cmクラスですが、林養魚場のマスなのでトルクフルなファイトが楽しめました。

インタビュー記事で知ったのですが、釣り天国さんのマスは基本的にスチールかドナルドソンであるようです。道理で体高もファイトも良いのが揃ってるわけだと…。

https://news.yahoo.co.jp/articles/be3788ccfef40f986d64cd487c4d6c0b90454560

陽が陰るとポイントも変わる

1月なので16:00前にもなると太陽は林の中に顔を隠します。

太陽が隠れると、体感温度もグンと下がる感じ。

水面にライズも出なくなり、魚を探すのが難しい状況に。

ということで、足で稼いで探します。

2号池で魚の居場所を探すのも難しく感じるようになったので、3号池へ再び戻ります。

3号池は水面にライズリンクがちらほら探しているので、魚の居場所を目掛けてスローなクランクで。

created by Rinker
ノーブランド品
¥8,180
(2024/02/13 22:08:45時点 Amazon調べ-詳細)

光量が少ない時間帯は、蛍光ピンクがやっぱり強いですね。

今後の展望

初釣りでツ抜けできたことは嬉しいことですが、異常なほどの気温の高さでマスたちへの影響が心配です。

朝の冷え込みが厳しいタイミングではボトムやデジ巻きが有効になるとは思いますが、午後の気温が上がった時間帯はマイクロスプーンが吉かもしれませんね。

以上、「2024年初釣りは釣り天国で!今年も良い年になりますように!」でした!

釣り天国

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です