まとめ

2015年の釣果を振り返ってin淡路島

80cmアップのランカーシーバス

今年一番の釣果は?

今年最大のハイライトといえば、80cmオーバーのシーバスです。

80cmアップのランカーシーバス

今まで手のひらサイズのセイゴしか釣ったことがなかったので…。

どんな状況で釣れたか?

9月中旬の夕マズメ、淡路島の外れの漁港でタチウオを狙っていると、ガボッガボッという極悪なボイルが。

青物も回遊してくる場所でしたが、時間帯的にシーバスだろうとラパラのCD9(RH)をキャスト。

着水後すぐのスローリトリーブでバックリ食ってきました。

どうやって食べたか?

30cmのクーラーボックスに入らず、ナイフで三等分して持ち帰りました。

外洋回遊系のためか臭みはまったくなく、何日かに分け塩焼きにして旬の酢橘と一緒に頂きました。

胃の中は空っぽでしたが、おそらくベイトはイワシ。

夕マズメの大潮満潮だったので、群れを追って港内まで入ってきたのでしょう。

テンションの高いシーバスにCD9のハイアピールはしっかり効き、きっちり連れてきてくれた一本となりました。

来年の目標は?

来年は、ランカーサイズを仕留めたい…!と思っています。

来年2016年の釣り全体の目標はこんな感じです。

◼︎シーバス…ランカーサイズを一本獲る

◼︎メバル…尺サイズを一本獲る

◼︎カサゴ…尺サイズを一本獲る

◼︎アジ…20cmオーバーをツ抜けする

◼︎タチウオ…とにかく一本獲る

◼︎青物…とにかく一本獲る

◼︎マダイ…ショアからルアーで30cmオーバーを一本獲る

色々挙げましたが、特にメバルやカサゴを中心に頑張りたいです。

淡路島では「この海域にそんな大きいのいないよ」と言われていますが、竿抜けしているだろうエリアを探してみたいと思います。

また、マダイにもこだわってみたいと思います。

チニングのように食性や習性が明らかなターゲットではあるので、再現性のあるアプローチを目指してみたいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA