タックル

メッキ用ルアーにシャローマジックがとってもオススメな件

ソアレBBアジング610とメッキとシャローマジック(2019.9)

「2019年はメッキのアタリ年!」ということで初心者ながら専門に狙ってみたところ、シャローマジックでいい感じにヒット連発。

4釣行(4時間程度)で釣ったメッキ18枚のうち、13枚をシャローマジックでキャッチ。

ある程度使い込んでみたので、インプレしてみたいと思います。

そもそもシャローマジックとは?

アクアウェーヴのシャローマジック

アクアウェーブからリリースされている細身のシンキングプラグ。

シンキング仕様ではありますが、適正レンジは表層直下。

水面下20cmまでを狙うために開発された、マイクロシャローミノーです。

メッキゲームでシャローマジックが活躍するシチュエーション

90分でメッキ6枚とキビレ1枚を釣った北の風を受けた海面(2019.9)

水面下20cmのサブサーフェスレンジをメインとするので、「トップに出ない」「けど水面は意識している」ようなタイミングにバッチリ。

たとえば、風があり水面がバタついているときの朝マヅメなど。

細身のボディなので食わせ力が高く、体高のある小粒ミノーに反応がないときにも助けてくれます。

メッキを探るレンジはトップから下げていくのがセオリーですが、ポッパーやペンシルといった水面系で出てこない次の一手として活躍します。

メッキゲームにおけるシャローマジックのサイズ使い分け

シャローマジックは、3種類のサイズ展開です。

純正45mm(1.8g)と50mm(2.8g),60mm(3.8g)があります。

基本的には50mmのチョイスが使いやすいでしょう。

メッキ19cmとシャローマジック50(2019.9)

食い渋りやスレている場合など、魚の活性が低い場合は45mmをチョイス。

シャローマジックとメッキ20cm(2019.9)

足場が高いフィールドや飛距離が必要なコンディションでは、60mmがイイ感じです。

メッキ19cmとシャローマジック60(2019.9)

ボディが非常にスリムな細身であるため、多少サイズ違いがあっても食い気のある個体は容赦なくバイトしてきます。

対メッキ用のシャローマジックのアクション

鉄板アクションは、着水直後の連続トゥイッチ。

ソアレBBアジング610とメッキとシャローマジック(2019.9)

トゥイッチしつつリーリングするのではなく、常にトゥイッチし続けながらリーリングし続けるイメージです。

トゥイッチを続けると左右へ小刻みに連続ダートし、多くのフィッシュイーターを魅了します。

シャローマジック60とキビレ15cm(2019.9)

メッキの外道でチヌ、キビレ、クサフグ、ダツなどがよく掛かってきます。

リトリーブ時のアクションはロール中心で、アピール力は強くありません。

シャローマジックのおすすめカラー

メッキ15cmとシャローマジック50(2019.9)

基本的には、メバルゲームで流用できるクリア系のカラーで十分事足ります。

バリエーションとして、ローライト時にUV系(紫外線発光)、晴天下にソリッド系の手持ちがあれば、ルアーローテの役に立ちそうです。

シャローマジックのフックチューン

メッキ15cmとシャローマジック50(2019.9)

メッキが集団でルアーにアタックしてくると、ルアーにじゃれつくような微妙なアタリが連発することも。

がまかつトレブル17の#12

そんなときは、フックをがまかつ社のトレブル17「#12」に替えておけば微細なアタリも絡め取れます。

メッキ19cmとシャローマジック50(2019.9)

渓流用の細軸キンキンフックなので、フロントフックにバイトした後にリアフックがフォローとしてスレ掛かりすることも。

メッキ19cmとシャローマジック50(2019.9)

ショートバイト対策に有効なフックチューンです。

メッキ9枚とキビレ1枚を釣ったルアー(2019.10)
【今年はアタリ年】初心者におすすめ!なメッキ用ルアー3選!今年はメッキのアタリ年!ということで・・・ メッキ釣り初心者の自分が「こりゃあ釣れる!」と思ったルアーをまとめてみます!...

以上、「メッキ用ルアーにシャローマジックがとってもオススメな件」でした!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA