まとめ

スーツケース各社レビューまとめ!実際に使ってみて。

スーツケースと手荷物
スーツケースと手荷物

人気のスーツケースをあれこれ使用してみてのレビューです。

カタログスペックだけではわからない使用感を中心にレビューしていきます。

随時更新していきます。

RIMOWA(リモワ)|サルサエアー(33L)

泣く子も黙るリモワの超軽量モデル、サルサエアーの機内持ち込み可能サイズ(33L)です。

カタログスペックでは、33Lで重量はなんと1.9kgしかありません。

外観

リモワのサルサエアー33Lネイビー

外観は至ってシンプル。

泣く子も黙るリモワのロゴが控えめに配置されています。

リモワのサルサエアー33Lネイビーのロゴ

表面の仕上げは非常に滑らかであり、写真の通り鏡面仕上げといってもいいかもしれません。

取り回し

リモワのサルサエアー33Lネイビー

正直なところ、取り回しはイマイチです。

軽量化のために採用されている1本バーのテレスコープハンドル(カブトムシのツノみたいなやつ)は、握りにくく力が入れにくいです。

そのため、スーツケースの中身が重くなればなるほど取り回ししにくくなります。

慣れもあるかもしれませんが、電車や飛行機の乗り換えで急いでいるときにスーツケースに力がきちんと伝わらないのは結構ネックですね。。

リモワのサルサエアー33Lネイビーとコンビニのレジ袋

トートバッグやエコバッグをちょいと引っ掛けるには便利かもしれません。(写真はゴミ袋ですみません。。)

ただ、バッグをスーツケースの上にガッチリと固定したい人には向きません。

内装

リモワのサルサエアー33Lネイビーのパッキング例

内装は、メッシュカバーが両面に採用されています。

リモワのサルサエアー33Lネイビーのパッキング例

軽量化のためかバックルベルトや小物ポケットは省略されており、非常にシンプルな作りです。

個人的には気になりませんでしたが、小物ポケットを活用している人はちょっと気になるかもしれませんね。

その他

リモワのサルサエアー33Lネイビー

ロック機能はキー式とダイヤル式どちらかが利用できます。

キー式しか使用できないスーツケースが多いですが、正直キーを出し入れするのって面倒なんですよね。無くすリスクもあるし。

その点、ダイヤル式は手軽にロック⇄ロック解除できて非常に使いやすさを感じました。

総評

33Lで1.9kgと軽量化のために様々な工夫が施された意欲作。

個人的にはこういう攻めた姿勢はとても好感が持てますが、日常使いのスーツケースにするには取り回しに難がありますね。

RIMOWA(リモワ)|サルサエアー33Lはこんな人におすすめ!

  • とにかく軽量なスーツケースが欲しい
  • 車で移動することが多いので、取り回しはさほど気にしない
  • 持つならやっぱりRIMOWAでしょ!

BERMAS(バーマス)|プレステージ2(34L)

ドイツの老舗スーツケースメーカー「バーマス」のプレステージ2。

シンプルで機能的なスーツケースです。

外観

外観は質実剛健。良くも悪くも印象に残りにくいルックスです。

取り回し

取り回しは上々!

滑らかな走行性、ハンドルの握りやすさ、全体的な取り回しやすさはグッドです。

トップハンドルとサイドハンドルはウレタンフォームのクッション素材。

手に吸い付くような触り心地。柔らかいので握りやすく、重いスーツケースでも手への負担が少ないです。

内装

内装は左側はジッパーで蓋ができ、右側はクロスベルトで固定できます。

クロスベルトは片手&ワンタッチで伸縮させることができるので、非常に扱いやすいです。

その他

伸縮ハンドルはプッシュアップボタン搭載。

ワンタッチで跳ね上がるので、サッとハンドルを引き上げるのが楽チンです。

総評

決して派手さはないものの、かゆいところに手が届く名脇役なスーツケース。

旅のお供に心強い相棒です。

バーマスのプレステージ2はこんな人におすすめ

  • 質実剛健なスーツケースを持ち歩きたい
  • 派手さよりも使いやすさ重視のスーツケースを使いたい
  • 目立たなくてもいい、わかる人にはわかる良さを手にしたい

アメリカンツーリスター|サウンドボックススピナー(71-81L)

アメリカンツーリスター社のポップなデザインが魅力のサウンドボックススピナー。

レコードからインスパイアされたデザインと、カラフルなラインナップが魅力のシリーズです。

外観

アメリカンツーリスターのサウンドボックススピナー67のロゴ

ロゴデザインを中心に、波紋のように広がるユニークなデザイン。

アメリカンツーリスターのサウンドボックススピナー67の外観

どポップなカラーリングも攻め攻め。ビジネスには馴染みにくいですが、テンション上がる旅行にはバッチリハマります。

取り回し

アメリカンツーリスターのサウンドボックススピナー67のダブルキャスター

見た目はポップでも、機能はしっかり。特に優秀なのが大きめのダブルキャスター!

中身をずっしり入れても、力が分散されるのかスイスイ動かせます。

アメリカンツーリスターのサウンドボックススピナー67のダブルキャスター

このダブルキャスターが力を発揮するのが、悪路や坂道などのスーツケースを動かしにくい路面。

上り坂も下り坂も、割れたアスファルトもへっちゃら。なんなら、雪道もスイスイ動いてめちゃくちゃたまげました。

内装

内装はこんな感じ。

アメリカンツーリスターのサウンドボックススピナー67の中身

中仕切りの裏にバンドがあるのはめちゃくちゃ高ポイントです。中で荷物が暴れず、しっかり固定できる。軽量化よりも、安定性を重視したデザインですね。

アメリカンツーリスターのサウンドボックススピナー67の中身

ポケットも何気に大きめ。

アメリカンツーリスターのサウンドボックススピナー67の中身

ま、このポケットに何かを収納することは、個人的にはあんまりないんですが…。

その他

エキスパンダブル機能が使いやすい

アメリカンツーリスターのサウンドボックススピナー67のマチファスナー

マチなので、「もうちょい荷物を詰め込みたい!」なんて時もジッパーを広げれば容量が大きくなります。

容量表記が71L-81Lと幅を持たせているのは、この機能があるからなんですね。

ダイヤルロックが使いやすい

アメリカンツーリスターのサウンドボックススピナー67のロック

鍵を失くしがちな人に優しい、ダイヤル式ロック。個人的に重宝します。

サイドハンドルがちょっと不安

強いて気になる点を挙げるなら、ポリプロピレン製と思われるサイドハンドル。

アメリカンツーリスターのサウンドボックススピナー67のサイドハンドル

ポリプロピレンは過酷な天候状況(紫外線・雨水・気温差)下では劣化があるかもしれません。

総評

ポップなデザインとは裏腹に、必要十分な機能も搭載したサウンドボックススピナー。

とにかく、悪路の走行性は抜群です。砂利道、坂道、雪道、どんとこい。

オフロード車のような1台でした。

アメリカンツーリスターのサウンドボックススピナーはこんな人におすすめ

  • ポップなデザインで遊び心を出したい
  • 目立つカラーリングで複数のスーツケースの中からでもすぐわかるようにしたい
  • 歩いて移動する距離が長いので、走行性能を重視したい

スーツケースのレンタルは「アールワイレンタル」を使ってます

スーツケースは嵩張るし、年間でそんなに使うモノでもないのでレンタルで済ませています。

買った方がお得かもしれませんが、自宅の保管スペースを気にしなくて良いのと、旅の特性(目的地や交通手段、宿泊日数や季節など)に応じて様々なブランド各社のスーツケースを取っ替え引っ換えできるのは単純に楽しいです。

決済が簡単なのと、ポイントが貯まることから、楽天のアールワイレンタルを使用しています。

アールワイレンタルのレビューはこちらからどうぞ↓

スーツケースと手荷物
アールワイレンタルでスーツケースをレンタルしたので感想など! アールワイレンタルでスーツケースをレンタルしてみたので、その感想を書きます! スーツケースレンタル会社、どこがいい...

以上、「スーツケース各社レビューまとめ!実際に使ってみて。」でした!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。