アジ

淡路島のアジが調子良すぎる!年末まで楽しめそうです。

ソアレBBアジング610LSで釣った24cmアジ8匹(2020.12)

今更ながら…俺がいうのもなんですが…

今年の淡路島のアジ、めちゃくちゃ調子いいですね。

尺アジなんてなかなか出ない…と言われていた数年前。

SNSを見ると、今年はボコボコ釣れてます。

投げれば食ってくる超イージーパターン

というわけで久々に竿を出せば、朝マヅメの30分で入れ食い状態。

ソアレBBアジング610LSで釣った24cmアジ8匹(2020.12)

24cmクラスの群れが入れ食い。時合いの爆発力、凄まじい。

シーバスと同じく同サイズの群れで回遊しているらしく、打つスポットを変えると27cmも混ざりました。

24cmアジ2匹と27cmアジ1匹(2020.12)

何投げても食ってくる状況だからこそ、釣り分けにも拘っていきたいです。

爆釣アジングのワーム選び

ワームはなんでも良い…と言ったら語弊がありますが、時合いは何投げても食ってくる感じ。

ガルプ / ベビーサーディン2インチ

それでも、サーチベイトはやっぱりこれ。

ガルプのベビーサーディンは超優秀。

ガルプベビーサーディンを食ったアジ(2020.12)

丸呑みされてしまうことも多いのがたまにキズ。

ハリ持ちもそこまでよくないので、超高活性時に手返し良く釣るにはエストラマー系の素材が良さそうです。

レイン / アジリンガーPro

豆アジが混じる状況ではないんですが、個人的に苦手意識を持っていた3インチワームでも問題なく食ってきます。

アジリンガーProで釣ったアジ(2020.12)

アジリンガーPro、これまで苦手意識で使っていませんでしたが、全然イケますね。

created by Rinker
レイン(reins)
¥475
(2021/06/13 19:40:01時点 Amazon調べ-詳細)

長さがある分、ショートバイトも多くなる印象です。

アップ〜ダウンのキャスト位置によって、バイトの深さも変わる印象。

なんとなく、ダウンの方がフッキング率が高い気もします。

釣れる時は、色々と遊んで

時合いは短いですが、投げれば食ってくる入れ食い状態では色々なワームで反応を試せるのも面白いところ。

今度はプラグで遊んでみたい、とも思いつつ、デカアジを釣るためのアプローチを確率したいとも思いつつ。アジング楽しいですね。

ジグヘッド選びは結構シビア

ワーム選びは比較的イージーですが、ジグヘッド選び…特に重量選定は結構シビア。

1.8gではショートバイトの嵐、1.5gでは深いバイト連発といったところ。

おそらく、フォールスピードやレンジのアジャストで食い気も変わってくるようです。

ゴールデンタイムはとにかく上層なので、沈めると浅いバイトが多い。

といいつつ、食ってくるのは25cm前後のアジが多いので、尺を狙うにはもっと沈めた方がいいのかも…。

なんてことを思いながら、結局は上層の25cmアジと遊んでしまう。だって楽しいんだもん。

以上、「淡路島のアジが調子良すぎる!年末まで楽しめそうです。」でした!

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です