おすすめ釣りTシャツはダイワ?シマノ?チャンピオンでしょ!

釣りファッション=ダサいという認識はありませんか?

メーカーロゴがデカデカと打ち出されたウェアに身を包むと、なんというかコテコテというか、くどいというか。

磯釣りなんかのファッションは、「命を守るためのもの」であるため、ファッション性は二の次になると思いますが、ライトな陸っぱりアングラーにすると釣りウェアはちょっと(見た目に)重たい。

そんな中、釣りするにあたっていい感じのTシャツを見つけたのでご紹介です。

釣り用ティーシャツにはチャンピオンのT1011ポケットTシャツ!

それがこれです。Champion(チャンピオン)のT1011ポケットTシャツ。

しゃれおつな人は型番のT1011をティーテンイレブンと読むらしいですが、個人的にはちょっと恥ずかしいですね。

見てのとおり、シンプルな無地Tなんですがグッドなところが2つあります。

1.ヘビーウェイトティーシャツなのでガンガン着倒せる

釣りをしてると、結構 衣類が汚れてしまうシーン、あると思います。

潮を被ったり、コマセで汚れたり、ルアーが引っかかってほつれたり、イカスミを食らったり・・・。

そんなわけで、あまり小綺麗な格好では釣りには行きたくないわけですが、この無地Tシャツならガンガン着倒せます。

なにせ、生地の厚みがしっかりしてます。

どれだけ汚れても、汗をかいても、ガンガン洗って、また元どおりです。

写真はホワイトですが、他にブラック、ネイビー、グレーのカラーがあります。

2.ティーシャツの胸ポケットにルアーを入れられる

基本的にはタフな無地Tシャツなんですが、ポケット付きなのでそこにルアーを入れられます。

写真はラパラのCD9(レッドヘッド)をポケットに挿してみたところです。

ドレスアップのポケットチーフ代わりに・・・ならんか。

フックカバーをつけておけば、ポケットに突っ込んで全然問題ないです。

ミノータイプであれば、3本は突っ込めました。

左がメガバスのゾンク、右がダイワのソルトペンシルですね。

個人的には、ミノー(メガバスのゾンク)とバイブレーション(コアマンのIP-18)を胸ポケットに挿してタチウオを釣るのがこの夏のトレンドでした。

胸ポケットにルアーがあると、ローテーションも楽々です。

カンナカバーをつければ、エギもイケますね。

気になるティーシャツのサイズ感

僕は身長170〜175cm程度で、体重70kg前後の中肉中背(小太り・・・?)ですが、サイズはMでドンピシャです。

素材は米綿100%なので、選択すると多少の縮みがあるかもしれません。

迷ったら、ちょっと大きめサイズをチョイスするといいかもしれません。

で、大きすぎたらコインランドリーの乾燥機にぶち込んで縮み上がらせる、と。(ここは自己判断ですが)

カラーは、釣り用ならブラックかネイビーがいいですね。

ホワイトは汚れが気になるし(イカスミとか)、グレーは汗ジミがちょっと目立っちゃうんじゃないかな〜と思ってます。

値段も5,000円くらいなので、カラー違いで揃えています。

っていうか、この夏はこれしか着てません・・・。

厚手の綿なので、着心地もさっぱりして気持ちいいんですよね。

ティーシャツ胸ポケットなしタイプもあるので注意!

ちなみに、このT1011(ティーテンイレブン)、ポケットなしのタイプも普通にあるので、ネットで買うときは注意が必要です。

間違えてポケットなしタイプを買っちゃうとちょっと・・・というかかなりショックです。いえ、ショックでした。僕は間違えました。気をつけましょう。

皆さんも、オススメの釣りウェアがあったらぜひ!教えて下さい〜。

ちなみに、足元はKEENのサンダルが釣り用最強サンダルだと思ってます。

本格的な磯はちょっと難しいですが、サーフ、テトラ、小磯、堤防、大体のフィールドをカバーできちゃうのでオススメです。

[blogcard url=”https://suzushige.net/newport-h2″]

以上、「おすすめ釣りTシャツはダイワ?シマノ?チャンピオンでしょ!」でした!

おすすめ記事セレクション!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA