9月の淡路島、どう釣る?どう暮らす?2018

淡路島の釣りやグルメを中心に展開している当ブログ。

これまでmonograhさんの「月刊モノグラフ(2018年9月号)」の連載を読んで、こんなオシャレなマガジンのようなブログもあるんだな〜と思いつつ、自分のブログには(オシャレにできないから)そぐわないな〜と思いつつ、憧れと諦めが相反する思いで愛読していました。

そんななか、最近No.26さんの「9月の気になるアレコレ」やFish&Co.さんの「魚珈何考 Vol.1」を読む機会があり、自分もこんなZINE的な記事を定期投稿してみたい・・・!という高校生的な初期衝動に駆られキーボードを叩いています。

そんな感じで、いつまで続くかわかりませんが、ゆるっと毎月感じていることや気になることを取り上げていければいいなあと思います。

淡路島の9月の釣り。何を釣る?

たとえば、タチウオ

最近はタチウオが島内各地で好調です。

釣れるときに釣れるものを釣れるだけ釣る、というのがモットーなので、しばらくはタチウオ釣りに精が出そうです。

同時に、美味しい食べ方も募集中。

塩焼きくらいにしかしていないので、こんな食べ方も美味しいよ!というのがあったらゼヒゼヒ教えてください。

シーズン終盤のチヌトップ

チヌのトップゲームも、9月がラストスパート。

個人的に8月よりも釣りやすい季節なので、これも数を重ねていきたいです。

参考:淡路島チヌトップ実釣記!竿抜けポイントは秋の海水浴場?

いよいよ始まるアオリイカ

南淡エリアでは、9月20日でアオリイカ捕獲規制が解除されます。

淡路市や洲本市に先駆けて楽しめるので、初物をサクッといただきたいところ。

シーズン初期はエギーノぴょんぴょんを使ったサーフエギングで比較的良型が上がることから、今シーズンもサーフからスタートしたいです。

関連:新製品エギでアオリイカ連発サーフエギング!

エギの補充もバッチリです。

9月に食べたい淡路島グルメ

そろそろ秋の裏旬サワラが美味しくなってきますね。

個人的にはお多福の「生サワラ炙りやまかけ丼」がスマッシュヒットでしたが、今シーズンはもうちょっといろんなお店をディグってみたいと思います。

参考:淡路島「お多福」の生サワラ丼実食レポ!食べログデータなし

淡路島観光協会の「島グルメフォトコンテスト」も9月1日からスタートしたので、淡路島グルメ本を手に島内をドライブすることになりそうです。

9月にこそ聴きたい音楽

コテコテですが、American Footballの「The Summer Ends」。

夏の終わり、秋の始まりに寄り添うアルペジオの応酬。

秋がドアをノックするようなドラミングもまた切ないです。

最近ショーゲキを受けた漫画

愛妻におすすめされた「約束のネバーランド」。

次期ノイタミナ枠でのアニメ放映も決定しましたね。

痺れる頭脳戦や独特な世界観、絶望感や希望感、種々入り混じって夢中になって読めます。

漫画としてのアクが強くないのも好印象。

だけど、ときたまコマ割で見せる日本的ホラーのようなドキッと感がページをめくる指を加速させられます。

「淡路島ライフ」が気になったらFeedly購読を!

ささやかに頑張ります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA