新製品エギでアオリイカ連発サーフエギング!

南淡エリアのサーフで、この春リリースされた「エギーノぴょんぴょん」片手にエギングしてきたのでその実釣レポです!

このエギ、ほんまに釣れるんやろか?

サーフで、ほんまに釣れるんやろか?

釣り始めの疑問は、開始第1投で払拭されました。

もともとは青物をチェックするべくサーフへ

秋の空にはひつじ雲。

余談ですが、この雲が出ると翌日は「雨が降る」と言われています。

台風以降、ちょっとつかみどころのない海の様子を見にサーフへ。

朝マズメ、満潮絡み。

青物が沖にいるらしい、という目処が立っていたのでひたすら遠投します。

投げ続けること1時間。

ルアーローテーションすること10種類。

かなり手数を使いました。

あとはフォールに特化したジグをフォローで入れるか、思い切って大型プラグを遠投するか・・・。

しかし、潮回りはイマイチでベイトの気配もありません。

集中力が切れたので、気分転換にサーフエギングをすることにしました。

(ほぼ)初サーフエギング!何を意識しようか。

遅ればせながら、本格的なサーフエギングはこれが初めて。

似たようなシチュエーションでは、海水浴場周りの堤防からストラクチャ周りの砂地を狙ってアオリイカを釣ったことはあります。

しかし、何もない砂浜から何もない海へキャストするのはちょっと勝手がよくわからない。

沈み根の位置がわからないから、回遊している積極的な個体を狙い撃つ感じかな?

幸い潮は効いている。

この潮に乗って波打ち際にアオリイカが回遊しているとしたら、きっと食い気がある個体に違いない。

とりあえず1箇所だけで粘ると心が折れそうだから、2投したら小移動しよう。

足で稼いでいこう。

初登板エギーノぴょんぴょん。どんな感じで使おうかな?

使用エギにチョイスしたのは、エギーノぴょんぴょん。

2017年春にヤマシタからリリースされた、フラップ板付の新機軸エギです。

「底をとらない」「激しくしゃくらない」という、従来のエギとはちょっ異なる立ち位置のエギです。

関連

 

今回は「朝マズメ」「満潮絡み」という時間的条件から波打ち際に寄っているアオリイカがいると推察。

そして「潮流が効いている」「サーフ」という場所的条件からアオリイカがいるレンジはきっと中層。

タイプは回遊型。なんの変哲もないサーフに居着く個体は多くないでしょう。

やる気のある回遊個体を狙ううえでは、必ずしも底をとる必要はない。

足を使ってテンポよく探りたいので、できるだけクイックに探れるエギがいい。

ということで、信頼あるエギ王Qと迷ったものの、エギーノぴょんぴょんを初登板しました。

(ほぼ)初サーフエギング×初エギーノぴょんぴょん=第1投からヒット!

沖に向かってフルキャストし、ある程度カウントしたら3回シャクリ。

マニュアル通り、6秒フォール。

そして3回シャクリ。

これを繰り返していると・・・シャクリのタイミングでグン!という抵抗。

あれ、海藻かな?

こんなとこにワカメでも生えてたかな?

ワカメってこの時期だっけかな?

などと思いながら海中に目を落とすと、墨ボムが1発確認できました。

海藻ちゃう!イカだ!

ということで、第1投目からヒット。

胴長15cmちょいのアオリイカです。

ゲソというより、目元付近にフッキングしていました。

しかし、初使用の1投目から釣れるとカルト的な信頼が生まれますね。

斑点が横縞なのでオスのアオリイカですね。

足で稼いで追加アオリイカゲット!

こまめに小移動を繰り返し、左に30歩ほど離れた場所へ。

偏光グラスで海中の様子を見ていると、波打ち際のエギを追う白い影を発見!

イカが追ってきました。

よく観察し、エギを抱いたタイミングでアワセ!

先ほどより少し小ぶり、腕1本にかかっていました。

真っ黒になって怒っています。

胴長は約12cmほど。

このサイズはリリースです。

このまま波打ち際にポトンと落とすと、目を白黒させるように体色が白黒します。

そのうち落ち着いたのでしょう、白い色に変わってスイーッと沖へ泳いで行きました。

味をしめたのでもう少しやりたかったですが、時間切れとなり納竿としました。

本日のタックル

●ロッド:ラテオ 100 ML (ダイワ)

●リール:ナスキー C3000 (シマノ)

●ライン:G-soul X8 1.2号(YGKよつあみ)

●ルアー:エギーノぴょんぴょんサーチ3.5号(ヤマシタ)

エギーノぴょんぴょんのカラーは、朝マズメということでケイムラボディの「スジエビ」。

初めて実釣使用しましたが、テンポよくやる気のあるアオリイカを拾える印象が強いです。

この秋、投げ倒してみたいと思います。

以上、「新製品エギでアオリイカ連発サーフエギング!」でした!

おすすめ記事セレクション!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA