グルメ

淡路島の大人の社交場、「クラシック」でお茶してきたよ

クラシック(珈楽粋)のブレンド珈琲

淡路島の大人の社交場、「クラシック」でお茶してきたのでその突撃レポです!

淡路島の喫茶店クラシックは「珈楽粋」と書く

クラシック(珈楽粋)の外観

外観はこんな感じ。

喫茶店にしては「どこが入り口?」という感じの大きさです。

入り口は、向かって左側の扉です。

クラシック(珈楽粋)の入り口

一方で、向かって右側は車椅子の方専用の入り口です。

クラシック(珈楽粋)の外観

バリアフリー対応の喫茶店・・・やるやん・・・。

駐車場もとても広く、軽く20〜30台は停められます。

クラシック(珈楽粋)の駐車場

平日の午後の訪問でしたが、駐車場はほぼ満車でした。

スズシゲ
スズシゲ
地域に愛されているお店という感じがプンプンします(いい意味で)

クラシックの店内はまるで大人の社交場

クラシック(珈楽粋)の店内

店内に入ると、白シャツネクタイのバリスタさんが「お席は別棟へどうぞ」と案内してくれました。

BGMはジャズヴォーカルがゆったりと流れ、高い天井にテーブルの感覚がしっかり取られた配置。

商談に使われても全く違和感のない、格式のある店内でした。

 

といってもカッチリしすぎているわけではなく、地元の軽トラおばちゃんたちが談笑していたりとカジュアルな雰囲気も。

クラシック(珈楽粋)の店内

今回は一人用の席を使わせていただきました。

Wifiも飛んでいるけど、残念ながらお客さんには開放していないとのこと。

Wi-fi使えたら通うのにな〜と思いつつ、回転率やお客さんの入りを考えるとWi-fiを開放する必要性はないのかもしれませんね。

クラシックのメニューはこだわりのコーヒーがいっぱい!

クラシック(珈楽粋)のメニュー

さすがは本格喫茶店、コーヒーメニューだけで12種類はあります。

クラシック(珈楽粋)のメニュー

淡路島内では珍しく、エスプレッソもいただけます。もちろんラテ系やモカの取り扱いもあり。

もちろん、ジュース系の取り扱いもあります。

クラシック(珈楽粋)のメニュー

ランチは軽食から定食まで。本格喫茶店にしてはかなり幅広いラインナップですね。

クラシック(珈楽粋)のメニュー

軽食はトーストやサンドイッチがメインです。

クラシック(珈楽粋)のメニュー

もちろん、コーヒーはケーキセットにもできます。

クラシック(珈楽粋)のメニュー

こういうところのガトーショコラって美味しそうなんだよなあ。

クラシックのブレンドでほっと一息

クラシック(珈楽粋)のブレンド珈琲

今回はブレンドコーヒー(480円)をいただきました。

サーブされた瞬間から、良い香りが鼻をくすぐります。

ロータスのビスケットも付いていました。

クラシック(珈楽粋)のブレンド珈琲

ブレンドは酸味が爽やかな、飲みやすい1杯でした。

▼▼▼

上質な空間と、上質なコーヒーと、上質な時間を楽しむ。

コーヒー好きにはたまらないお店でした。

夏はかき氷メニューも美味しいらしいので、そちらも気になります・・・!

以上、「淡路島の大人の社交場、「クラシック」でお茶してきたよ」でした!

珈楽粋

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA