エリアトラウト

キングフィッシャー栃木実釣レポート!2月編

キングフィッシャーさんの5号池に初チャレンジしてきたのでその実釣レポです!

金曜日の釣行だったので、前日のペレット撒きが効いているか?!と思いつつの釣行。

実際は、状況にアジャストさせなければヒットに繋がらない状況でした!

リザルトは、午前中のみで47キャッチ。

キングフィッシャー午前中の釣果(2022.2)

前回の釣行(初めての4号池)でも48キャッチだったので、50キャッチを超えたいところです…!

当日のコンディション

天候:曇り時々晴れ。

気温:ー2度から2度。

水温:12度。

風:北の風3〜4m。

当日は風がやや厄介で、水面にも風波が立っていました。

当日の攻め方

7:00-8:45はスプーンタイム

朝イチは高反応!ということでスプーンでチェックします。

ハイバースト1.3gのゴールドで数匹上げるも、どうにもピンと来ない感触。

なんというか、魚がスプーンを嫌がっているような…。

チッ!というショートバイトが多く、深いバイトを得にくい状況です。

 

対策として、ラインをたるませてリトリーブすると深いバイトが連発しました。

使用していたラインはPEだったので、ラインを張っていると弾いてしまっていたようです。

また、アクションはウォブよりもロール寄り、レンジは表層よりも中層寄りでヒットを重ねました。

スプーンはハイバースト1.3gジキル1.1g、カラーはゴールドで押し通しました。

30分で11匹と、なかなか良いペースのタイミングもありました。

どちらかというと、ジキル1.1gの方が食いが長く続きました。

8:45-9:25はスプーン迷子

だんだんとアタリが遠のいてきたのでローテしますが、なかなか結果に結びつかずスプーン迷子に。

カラーを落としてもびっくりするほど反応なく、ウェイトを落とすと風に負ける…という展開でした。

9:25-10:00はクランクタイム

スプーンに見切りをつけ、クランクで攻めることに。

セレクトしたのは、ヴァルケインのクーガナノs。

created by Rinker
Valkein(ヴァルケイン)
¥1,375
(2022/05/11 00:16:11時点 Amazon調べ-詳細)

魚が下に溜まっているようだったので、シンキングをチョイスしました。

これがアタリで、カウント8からのスローリトリーブで連続キャッチ!

ショートバイトも多かったですが、大アワセではフッキングが決まらず。

巻きアワセやスイープなアワセでキャッチを重ねました。

10:00-11:00はトップタイム

当日は一定の風がある状況。

ただ、風の止む少しの間にライズがボツポツと。

これ、表層意識してるんじゃない?ということでティモンのデカミッツドライをチョイス。

面白いことに、風の止む間はクリアカラー、風が吹いて水面が波立つ間は宇治金時カラーにバイトが集中しました。

トップはクリアカラーが強い!というのは定説ですが、状況によってクリアに勝つカラーもやっぱりあるんですね。

といっても、やっぱり無風時のクリアカラーの強さは別格です…。

11:00-12:00お助けルアータイム

お昼前は、どうにも渋い時間帯に。

マイクロスプーン(ティーチ0.8g)で3匹、トップ(デカミッツドライラトル)で2匹、セニョールトルネードで1匹でした。

今日の反省

タックルの強さ

元々が大型トラウトを意識したガチムチタックル(PE0.3号にアジングロッド)だったので、キングフィッシャーの小型魚にはちょっとパワーがありすぎた感ありです。

実際、ヒット〜ランディング時のバラシの多さが課題となりました。

ラインの強さ

PEラインでもバイトを多く弾いていたので、ナイロンラインに替えてみたいところ。

今後の展望

キングフィッシャーさんは湧水を使用したポンドなので、冬でも活性が安定していていいですね。

次回はタックルバランスを見直してチャレンジしたいと思います。

以上、「キングフィッシャー栃木実釣レポート!2月編」でした!

アングラーズパークキングフィッシャー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。