エリアトラウト

初めてのキングフィッシャー!実釣レポート1月編

キングフィッシャー(2022.1)

新年の初釣りは初場所へ!

ということで、キングフィッシャーさんに初釣行してきたのでその実釣レポです!

キングフィッシャーでの初釣りの釣果(2022.1)

8時間程度の釣りで、77匹の釣果でした!

4号池にエントリー

キングフィッシャーの4号池

初釣りはとにかく数を釣りたい!ということで、なんとなく良さそうな4号池にエントリー。

1号池は初心者向け、2〜3号池は大物狙い、5号池は広めということで、消去法で小型の数釣りが楽しめそうな4号池をチョイスしました。

朝イチは今日イチの高活性!

7:15-8:15はスプーンで

キングフィッシャーでのオープンから1時間の釣果(2022.1)

まずは朝一番の勝負!

トータルでみて、この日は朝イチが最も高活性でした。

昨日の放流魚が残っていたのかもしれません、

小型スプーンで1投1尾は確実にキャッチできましたが、中でもジキルジュニア1.1gティーチ0.8gは長い時間釣れ続きました。

8:15-9:00はクランクで

1時間ほどスプーンで釣り続けていると、だんだんと釣れる間隔があいてきました。

ここはクランクか?とあれこれ試してみますが、あんまりマッチせず…。

ここは放流に期待!です!

9:00-9:30放流は…?

9時頃に放流があり、10匹のトラウトが網に救われて池に投げ込まれること2回。

これまで平日釣行が多かったので、慣れない放流にどうしたら良いかちょっと困惑。

使ってみたかったミュー2.2gで攻めてみるものの、ポンドの大きさに対して重く、魚の大きさに対して大きい印象であまり数は伸ばせず…。

公式で推奨されているように、1.8g程度のスプーンから探るのがちょうど良いのかもしれません。

スプーンのカラーは色々試してみましたが、オレ金、緑金、茶オレでキャッチできました。

キングフィッシャーの放流狩りで使用したミュー2.2g(2022.1)

特に黒金については、威嚇するようなショートバイト多数でした。

日が昇れば、トップで高反応!

10:00-10:45はトップで無双

日が昇り、暖かくなったタイミングで水面にライズが見られるように。

ここでトップの釣りに変えることに。

デカミッツドライラトルにルアーチェンジすると、バイトが連発!!

デカミッツドライラトルで釣ったニジマス(キングフィッシャー/2022.1)

釣り方は3通り。

1つ目は、トゥイッチからのポーズ。トゥイッチで波紋を出して、波紋が消えるまでルアーを水面に放置するとジュボッ!と吸い込みバイト。

2つ目は、波動強めのリトリーブ。グリグリとリールを巻き、ブリブリとルアーを動かせば引ったくるようなバイト。

3つ目は、ストップ&ゴー。リールの回転をストップさせた直後や、逆にストップから巻き始めた直後に思わず口を使うバイト。

これ1つで20本以上は釣ったような…世の中にはすごいルアーがあるもんです。

ミッツドライである程度釣りきったら、クーガナノの出番。

ロッドを立て気味にした表層直下のリトリーブで、深いバイトが連発です。

10:45-11:30の落ち着いたタイミングは…

表層の魚が落ち着いたので、ボトム狙いにシフト。

パニクラDRインチクランクDRなどのボトムクランクや、シャインライドなどでポツリポツリと魚を拾っていく展開。

大体1ルアーにつき2匹くらい釣ったらアタリが遠のく時間帯でした。

午前中はそんなこんなで48匹キャッチ!

ここからはお昼休憩です。

午後は表層と放流で

12:00-13:00はなぜか表層にナブラ

昼食を終えてポンドに戻ると、なぜか表層にナブラ。

マスたちがワチャワチャしています。

日光でポンドが温められて、活性が上がったのかもしれません。

午前中と同様に、デカミッツドライラトルクーガナノの表層直下で連発しました。

13:00-14:00は放流で

13:00からの放流では、1.1g以下のスプーンでポツポツとヒットを重ねて。

ある程度釣り切ってから、目線を変えてミュー2.2gの黒金を入れると追加ヒット。

午前中も執拗なバイトを得られたし、なんとなく黒金の強さを実感しました。

14:00-15:30は辛い時間帯

14:00以降は渋い時間帯となり、クーガナノやザンム35IDOのスローリトリーブでバイトを重ねていくイメージ。

ショートバイトも多く、乗せきれないシーンも多々あり。

ザンム35IDOに至っては、ファイト中にほぼバラシてしまいました。

フックをザンムフックにしていなかったことも関係あるのだろうか…。

とにかく14:00以降は、これまでと打って変わっての間の時間帯。

周りにはは5号池から移動してきた人も増えて、ポツポツ釣っているため自分の釣り方が合っていないだけなんだろうな。

水温が安定しているためかこの時期でもトップが楽しめたことには驚きだった朝一の調子が良かったのでまた朝一釣行してみたいものだ

キングフィッシャーの印象

湧水を利用したポンドのため、真冬でも水温が安定しており、この日の水温も11度。

まさか1月にトップで高反応とは思わず、めちゃくちゃ楽しめました。

朝イチの調子が良かったので、またオープンからエントリーしたいところです。

今日の反省

フッキングさせた数は100匹を超え。

しかし、ファイト中やランディング直前にバラシ多数…。

原因として考えられるのは、かなり強めのタックルを使っていたこと。

今後は、もう少し弱いタックルで挑んでも良いかもしれません。

以上、「初めてのキングフィッシャー!実釣レポート1月編」でした!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です