グルメ

神戸税関食堂でランチ実食!一般人潜入レポート!

神戸税関

税関・・・それは堅苦しい響き・・・。

税関?海外旅行とかで通るやつ?

そもそも税関って何だっけ・・・?

そんな身近ではない(失礼!)税関ですが、一般ピーポーでも入れる神戸税関食堂でランチしてきたのでその実食レポです!

佇む、いやそびえる神戸税関

神戸ハーバーランドから海岸沿いに東へ向かうこと30分、そこに佇む、いやそびえるのは神戸税関。

神戸税関

どちらかといえば貿易センター駅やポートターミナルから歩いて行った方が近いかもしれませんね。歩いて大体10分~15分の位置です。

神戸税関

まるで要塞のようなルックス。

神戸税関前の日本で一番短い国道

一方で、面した道路は「日本で一番短い国道です」。ハズしてきますね。緩急のある攻めです。

建物の扉はしまっていたので、「この道かな?」と周囲をまわると警備員さん発見!

おそるおそる「食堂利用できますか?」と聞いてみると、よくある話のようでOKとのこと。

神戸税関入庁証

用紙に入庁時間や人数などを書き、入庁証を手にしたらいよいよ突入です。

いざ、神戸税関食堂へ!

早速建物の中に入ると、カッコいい建築美。

神戸税関内部

賞を受賞されているそうですが、まるで映画やドラマの舞台のようなカッコ良さでした。

8階までエレベーターを上がり、売店で食券を購入しいよいよ神戸税関食堂へ。

神戸税関食堂のメニュー

メニューはざっくりこんな感じ。定食、カレー、麺類が基本的な布陣。

かけそば230円から、上限は日替わり定食500円までですね。

展望席はあいにく先客で埋まっており、それでもなんとか窓際に着座。

神戸税関食堂からの景観

空が高く、気持ちのいい日でした。

お客さんは神戸税関職員らしき方は少なく、近隣の会社の方や有閑マダム的な方がちらほら。

神戸税関で日替わりランチ、実食!

じゃん!こちらが神戸税関食堂の日替わりランチA(500円)です。

神戸税関食堂の定食

鶏肉のおろしソースかけ。

小鉢はいろいろある中から一つ選べるので、温泉卵をチョイスしました。

濃いめのお味噌汁はご飯がススム系ですが、ご飯とお漬物はお代わり自由。完璧です。

いわゆる社員食堂的なテイストですが、しっかりとボリュームもありました。

(別の方がオーダーされていたカレーは、特にすごいボリュームでした)

▼▼▼

未知のベールに包まれていた神戸税関食堂ですが、実はベールに包まれていたと思われていただけで、実のところかなりオープンな社員食堂でした。

大人の社会科見学のようで、潜入も楽しかったです。

こういうランチもたまにはいいですね。

以上、「神戸税関食堂でランチ実食!一般人潜入レポート!」でした!

神戸税関食堂

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA