淡路島最高峰か!?淡路たかたのケーキのスイーツ実食レポ

淡路たかたのケーキのイートインでスイーツをいただいてきたので、その実食レポです!

認定します。

過去に淡路島で食べたどのスイーツよりも、絶品でした・・・。

淡路たかたのケーキとは

淡路島は津名にある老舗の洋菓子屋さん。

店内は結構昭和で、昔懐かしの洋菓子屋さんといった趣。

テイクアウトだけでなく、イートインスペースもあります。

淡路たかたのケーキのイートインメニュー

イートインメニューはこんな感じ。

「今月のメニュー」「季節のミルフィーユ」「淡路島パンケーキ」など、旬のフルーツを活かしたスイーツが多め。

6月の訪問では、マンゴー、ブルーベリー、びわなどがフューチャーされていました。

公式ホームページからも、旬を大切にされている姿勢が読み取れます。

地産池消

この言葉がもてはやされるずっと前から
私たちは淡路の食材に着目していました。
「御食国」と呼ばれた昔から淡路島には季節感に彩られた食材があふれていました。

この食材を活かしきるスイーツを作りたい。

その言葉に突き動かされるように、毎日厨房に向かっています。

そして私たちは誰に教わるでもなく自然に学びました。
季節感を大切にすることが、何よりも「食の安全」につながることを。

洋菓子もまた、旬がすべて

時代は変わってもお菓子づくりはかわりません。

出典:たかたのケーキ公式ホームページ

ドリンクメニューも結構充実していましたが、写真を撮り忘れてしまいました。

ホットコーヒーで350円、スイーツセットにすれば50円引きだったかな・・・。

淡路たかたのケーキ「今月のデザート」(6月:マンゴー)

今回いただいたのは、「今月のデザート」(ドリンクセットで1,000円)。

柔らかなスポンジと、完熟マンゴーに自家製マンゴーソース。

淡路島の牛乳で炊き上げられたカスタードクリーム。

季節のフルーツを添えて。

・・・すごい!

スポンジはしっとりと柔らかく、それでいてもっちりと。

パンケーキとケーキのあいのこのような柔らかさ。

ふわっふわなスポンジに、とろっとろのクリームがオン。

トータルでなめらかな舌触りのうえには、カリカリのナッツの食感とジューシーなマンゴーソースが追いかけてきます。

これ、めっちゃ美味しいケーキや・・・。

甘すぎず、くどくなく、濃厚でいて爽やか。

マンゴージェラートは子供が、フルーツは愛妻が主に食べたのであんまり記憶にはありませんが、とにかくスポンジとクリームがすごい!

食べるほどにもっと食べたくなります。

▼▼▼

超ハイクオリティなスポンジとクリームだったので、これはロールケーキも絶品なのでは・・・?

再訪したいお店の一つとなりました。

昔ながらの地元のケーキ屋といった店構えですが、クオリティはめっちゃ高かったです。

大満足でした。

以上、「淡路島最高峰か!?淡路たかたのケーキのスイーツ実食レポ」でした!

淡路たかたのケーキ – 淡路市その他/ケーキ [食べログ]

こちらの淡路島記事もよく読まれています

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA