淡路島たこせんべいの里突撃レポ!おすすめポイントは?

淡路島の観光&お土産スポット、「たこせんべいの里」へ行ってきたので突撃レポです!

ただのお土産屋さんかと思いきや、10種類以上の海鮮系おせんべいの試食に工場見学、無料休憩所にドリンクなどかなり充実したスポットでした。

今回は、行ってみて感じたおすすめポイントを丸ごとご紹介します!

淡路島たこせんべいの里は試食が超充実!

たこせんべいの里の最大の特徴は、その充実した試食ラインナップ!

大きなタッパーに割れせんが入っており、お客さんはトングを使って心ゆくまで試食することができます。

その数、優に20種類以上!

ちゃんと数えませんでしたが、30種類くらいあったんじゃないかな。

実際に食べてみて「あ、これ好きだな」とか「あの人のお土産にはコレがいいかな」など好みの味を探すことができます。

お土産の受け渡しのときも、「よくわからないけど美味しそうだったから・・・」というより「実際に食べてみて美味しかった!」というもののほうが、いただく側も嬉しいですよね。

お店の中の試食コーナーは結構おせんべいの割れたのがこぼれたりしてるんですが、専門の清掃スタッフさんがせっせと食べこぼしのおせんべいを掃除してくださっているので店内はピカピカです。

淡路島たこせんべいの里の工場見学

工場が併設されているので、実際におせんべいの製造過程も見学することができます。

あいにく、日曜午後はお休みでした。

このコンベアに大量のおせんべいが流れていくのでしょうか。

Eテレの「できてくできてく♪なにができてく♪」のコーナーみたいでわくわくしますね。

と思ったらyoutubeに動画がありました!

たこせんべいの里には休憩スペース&無料ドリンクも!

たこせんべいの里はただのお土産屋さん&工場というわけではなく、かなりの広さの休憩スペースがあります。

それだけでなく、なんと無料のドリンク(コーヒー、お茶)もいただけちゃいます。

【お値段もきっちり!】たこせんべいのおすすめ品をご紹介!

色々試食してみて選んだ、極私的おすすめおせんべいをご紹介します!

多幸(たこう)

個人的に一押しはコレ。多幸(1袋1,080円)です。

出典:たこせんべいの里

丸焼きにした小ダコが1匹1匹カリッと揚げられた1品。

たこの旨味が一番濃厚に感じられます。

おやつにも、飲んべえのアテにもどちらでもイケます。

いろいろミックス詰め合わせ(限定品)

次点はこちら。反則的ですが、詰め合わせ袋(540円)です。

どれにしようか、正直迷っちゃった・・・という場合に、ベストアルバム的に手に取れます。

約500円という価格も魅力ですね。

りんちょこ

りんちょこ(324円)はかりんとう×チョコレートのコラボレーションです。

なかなかクセになるお味で好きですね〜!

淡路島たこせんべいの里へのアクセスは?

神戸淡路自動車道「津名一宮IC」から車で1分という便利な立地にあります。

車の場合、神戸からは45分、大阪からは1時間15分ほどで着きます。

お土産屋さん兼工場ということで、かなり大きな建物なので一目でわかりますね。

土日や連休の夕方はかなり混むので、時間帯としてはできるだけ外して行くのがおすすめです。

 

淡路島たこせんべいの里の周辺おすすめスポットは?

ランチするなら、食房ニースがオススメ!

淡路牛丼から生しらすパスタまで、淡路島の素材をふんだんに楽しめます。

あわせてチェック!

観光だったら吹き戻しの里!

晴れの日でも雨の日でも、大勢でも少人数でも楽しめちゃうスポットです。

あわせてチェック!

 

以上、「淡路島たこせんべいの里突撃レポ!おすすめポイントは?」でした!

たこせんべいの里

こちらの記事もよく読まれています

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA