グルメ

淡路島「ニース」ランチレポ!淡路牛・生しらすを堪能!

食房ニースの黄金しらすと野菜の和風ペペロンチーノ(生しらすパスタ)

淡路島は北淡、淡路市ににあるレストラン「食房ニース」でランチしてきたのでその実食レポです!

淡路島ならではの「牛」や「魚介」といった食材を堪能できる、雰囲気のあるお店でした。

淡路島の「ニース」

淡路島の北淡、西側の海沿いに「食房ニース」はあります。

海水浴場の北淡県民サンビーチや、野島断層が見られる北淡震災記念公園のすぐ近くですね。

ナイス。

と、読めますが、お店の名前は「ニース」です。

淡路島「ニース」の店内。雰囲気あるお店だけど子連れでもOK!

店内は結構シック。

雰囲気のある洋風レストラン、といった感じです。

座席は、2人掛けテーブルが3卓、5人掛けテーブルが5卓、6人掛けテーブルが1卓。

席数としては、40人弱が着席できるかな〜といった印象です。

平日の11:30頃に入店すると、すでに二人組の女性が2組食事をされていました。

ちょっとおしゃれな雰囲気ではありますが、子連れでも問題ありません。

キッズチェアや子供用のカトラリーも用意されていますので、安心です。

淡路島内の飲食店にしては珍しく、店内禁煙だったのも高ポイントです。

淡路島「ニース」のメニュー

メニューはパスタ、カレー、ピラフにグラタン、そして定食などなどなど。

洋食レストランらしいラインナップですね。

今回は、「黄金しらすと野菜の和風ペペロンチーノ(生しらすパスタ)」と「淡路牛と淡路玉ねぎのキーマ丼(牛丼)」をオーダーしました。

淡路島「ニース」の「黄金しらすと野菜の和風ペペロンチーノ(生しらすパスタ)」

まずは「黄金しらすと野菜の和風ペペロンチーノ(生しらすパスタ)」(1,250円)から。

パスタの前に、生しらすのサラダがサーブされます。

生しらすといえば丼ぶりがメジャー。

サラダに合わせていただけるお店はちょっとレアです。

レタスに玉ねぎ、生しらすと淡路島の特産がふんだんに使われているサラダです。

ドレッシングはポン酢とフレンチドレッシングのミックス。

生しらすは、生しらす丼の人気店「渡舟」のような柚子ベース?

関連

 

柑橘系の下味がついていてさっぱりといただけます。

しかし、生しらすとサラダってこんなに合うんだな・・・。

他のお店でもメニューとして展開すれば人気が出そうなものですが、なかなかないのはこのお店の創意工夫の表れでしょうか。

そして、何より驚いたのが「黄金しらすと野菜の和風ペペロンチーノ(生しらすパスタ)」。

生しらす=丼ぶりというイメージが完全に覆されました。

生しらすという調理しにくい食材を、ここまで工夫して美味しく仕上げていることにちょっと感動。

パスタの上には大葉が敷かれており、その上にはたっぷりの生しらすと綺麗なイクラ。

生しらすとイクラは非常に相性が良く、まさにマリアージュ状態。

イクラのぷちぷちとした食感とコク。

それが生しらすのちゅるりとした食感と繊細な味わいに、濃厚に絡みつきます。

野菜はアボカド、トマト、なす、アスパラ、ズッキーニ。

軽くソテーされた野菜は風味も香ばしいです。

パスタはもちもちの生パスタ食感。

「唐辛子入れますか?」と聞かれ「はい」と答えましたが、結構な勢いで辛め!

柚子胡椒のようなからさも感じられ、大人も大満足のヒリヒリ感です。

淡路島内の生しらす界隈では、かなり攻めた(そして美味しい)一品だといえるでしょう。

淡路島「ニース」の「淡路牛と淡路玉ねぎのキーマ丼(牛丼)」

こちらは妻がオーダーしていた「淡路牛と淡路玉ねぎのキーマ丼(牛丼)」(1,250円)。

大ぶりの淡路牛ステーキの下に、挽肉が敷いてあります。

(妻曰く、ひき肉のことをキーマというらしい)

ステーキは、炭火で焼かれたような香ばしさ!

ライスも半熟卵と挽肉が絡んでこっくり。

牛丼らしく少し甘めですが、強すぎない甘みがまた食欲をそそりますね。

▼▼▼

ニースのランチは阿波尾鶏のコースがあったり、大皿プレートの定食があったりと、いろいろと使い勝手が良さそうです。

エビフライの定食も、とっても美味しそうでした。

料理のサーブや、お水のおかわりが早くいただけるのもまたこうポイント。

また再訪したいお店です。

以上、「淡路島「ニース」ランチレポ!淡路牛・生しらすを堪能!」でした!

NICE(ニース)

淡路島のおすすめスポット情報はコチラ!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!