ランタンフェスで長崎中華街食べ歩き!角煮まんおすすめもご紹介!

長崎のランタンフェスティバルに行き、長崎市内・中華街界隈で角煮まんをはじめいろいろと食べ歩きしてきました!

美味しかったオススメ店をお紹介します!

角煮家こじまの角煮まん

こちらは角煮家こじまの角煮まん(350円)です。

ふわっふわのパオが特徴。

角煮は厚みがある大ぶりなものですが、トロ感はちょっと薄め。

味付けもさっぱりめです。

角煮の味ももちろんですが、パオ自体の味わいを楽しみたい方にもオススメです。

三栄製麺の角煮まん

こちらは三栄製麺の角煮まん(250円)です。

まず、甘い!

そして押し寄せる角煮の旨み。

とにかく角煮の存在感が圧倒的で、肉がパオに圧勝してます。

ちなみに、ここは角煮おこわ(300円)もおすすめ。

もちもちしすぎずやわらかい食感のおこわは、とっても具だくさん。

ごぼうににんじん、グリンピースに角煮とほっこりできる一品です。

岩崎本舗の角煮まん

町中で結構見かけるのが、岩崎本舗の角煮まん(400円)。

ここはもう、角煮とパオのバランスが最高。

サイズ間といい、角煮の甘味や肉感といい、パオの甘味といい、トータルでバランス良し。

角煮の余分な脂身が落ちてる感じもまた良しですね。

他の角煮まんよりちょっと高いけど、それだけの差別化はできている一品です。

長崎空港でもいただけます。

帰りしなに、「食べおさめだ!」ということで買っちゃいました。

ラップにくるんでいただきましたが、フライトまでの時間にペロリです。

山ぐちのハトシは長崎食べ歩きでぜったい食べるべし

今回の食べ歩きの中で、衝撃を受けたのが山ぐちのハトシ。

ハトシとは・・・簡単に言うと、食パンの間に海老のすり身を挟んで揚げた料理です。

ボリュームのある春巻きのような印象。

揚げたてサクサクとぷりぷりのハーモニーが素晴らしい。

おやつにも最高、大人の麦茶のアテにも最高、そんな一品でした。

日本では長崎、他は東南アジアでいただけるそうですが・・・これはまた食べたい!

ちなみに、ハトシとは広東語だそうです。

長崎ぶたまん桃太呂のぶたまん

こちらも町中でよくみかける豚まん屋さん、桃太呂です。

小さめサイズの豚まんで、3個入り240円。

柔らかくてとろとろ~とした食感。

これもクセになるタイプです。

みんなでシェアして食べたい一品ですね。

▼▼▼

長崎はあれこれ食べ歩けて楽しい町だな~と思いました。

まだまだ思い残し・・・食べ残し?があるので、また行きたいです。

以上、「ランタンフェスで長崎中華街食べ歩き!角煮まんおすすめもご紹介!」でした!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA