ライトゲーマー必読!レオン氏渾身のライトゲームアカデミー

今回は、釣り人の本質に訴えかける名著をご紹介します。

ライトゲームアカデミー

瀬戸内メバルのキーマンであり、アジングの命名者、レオンの愛称で数々のテスターもこなす加来氏のライトゲームの啓発(?)本。

テスターゆえに、ブリーデンやバークレイ社のCMカラーが色濃く出ているところは気になるものの。

裏を返せば、それだけ自信をもって自分がプロデュースした商品を薦められるんじゃないでしょうか。

ただし、注意です。

本書は決して釣り初心者向けの教則本ではありません。

現に、魚種別の釣り方メソッドなどについては簡単に触れるだけ。

一方でルアーの機能やその応用性、固定観念から脱却することの重要性、メバリング・アジングの最新アプローチ方法(一般的なメソッドについては全く触れられていない)については、めちゃくちゃ詳しく語られています。

「釣れる時こそ様々なパターンを検証しよう」など、ある程度日常的に釣りを行うことができる人のための本ともいえるでしょう。

しかし、魚の食性を追及する姿勢や、シルエット・アクション・波動から魚にアプローチする姿勢など、週末アングラーにとっても非常に知的好奇心をくすぐられる内容となっています。

この本をもとに、新たなルアーターゲットが増えるかもしれない、そんな魚種限定解除な一冊。

おすすめです。

個人的に気になった点は以下の通り。

・メタルジグの使い方
・メタルバイブでカニパターン、クランクベイトでイカナゴパターン
・同じ方法では5尾までしか釣らないなどの縛り釣行

なお、メバリング・アジングについての具体的なアプローチ方法については、

当ブログの別記事である同著「ある日突然アジング・メバリングが上手くなる」(2011)
を参照した方が詳しく記載されています。

以上、『ライトゲーマー必読!レオン氏渾身のライトゲームアカデミー』でした!

おすすめの釣り本はこちら!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA