メバル

メバルプラッギング連発!漁港のスロープはハニースポット!

メバルプラッギングの結果メバル6枚とソイ1枚(2019.5)

メバルプラッギングで久々に連発してきたのでその実釣レポです!

潮周りの条件は悪いタイミングでしたが、付き場を見つけて連続ヒットも!

月なし、風なしのメバル日和!でも潮も動かなし・・・どこに入る?

船着場とレール

今回は月なし、風なしのタイミング。

絶好のメバル日和のようでしたが、あいにく潮が動かない・・・。

あえて普段入らないオープンな急流エリアをチェックしてみましたが、反応が得られず・・・。

目線を変えて、常夜灯まわりの漁港内スロープ(船揚場)にエントリーしてみました。

メバルマンション発見!ガサ入れ開始!

オルガリップレス50

まずはファットめなフローティングプラグを通し、表層を秒1/4回転くらいのデッドスローでリトリーブ。

堤防の途中からスロープの陸地寄りにキャストし、沖に向けて漂わせてくるイメージ。

おそらくプランクトンを効率よく捕食するために、スロープ周りにメバルが集まってきているはず・・・。

思惑どおり、ココッ!ココッ!とショートバイトあり。

くちびるの先でつつかれるような感触です。

そこでスリムなビートイート47Sにチェンジし、よりタイトなローリングで同じコースを通すとドン!

ビートイート47Sとメバル18cm(2019.5)

おそらくこのスロープのアベレージサイズ、17cmクラスの白メバルでした。

ビートイート47Sとメバル18cm(2019.5)

とかく丸呑みにされがちなプラグですね。

先ほどとキャストコースを変え、捨て石付近を探るとピックアップ直前にグン!

ビートイート47Sとソイ(2019.5)

飛び出したのは、同サイズのソイ。

ビートイート47Sとソイ18cm(2019.5)

ソイ系は久しぶりに釣りましたが、シーバスのようにハーモニカフッキングでした。

満潮潮止まりのタイミングということもあってか、活性はあまり高くない様子。

再びビートイート47Sを通してもショートバイトしか得られなかったので、こまめなルアーチェンジが必要そう。

ということで、艶かしいソリッドタイプの澪示威SOLIDへチェンジ。

レイジーソリッド50S

低比重のソリッドボディなシンキングペンシルです。

先ほどのビートイートと同じコースを同じスピードで通すとググン!とクリーンヒット!

レイジーソリッド50Sとメバル17cm(2019.5)

フロントフックに反転バイト。

綺麗に乗ったクリーンヒットでした。

「表層」「フラフラ」「細め」「陸側から沖側へ」「デッドスロー」といういくつかの要素がみえたので、続けてルアーチェンジ。

バスデイのs.p.m55です。

こちらはデッドスローでショートバイト多発だったので、少しリーリングスピードを上げるとグン!

s.p.m55とメバル16cm(2019.5)

リアクション気味に食ってきたのか、リアフックに追尾型のバイトでした。

細めのプラグである程度釣ったので、ファーストキャストで使ったファットなオルガリップレス50へ戻してみます。

コン、ココン・・・というショートバイトが連発。

我慢してデッドスローで巻き続けると・・・グン!乗った!

オルガリップレス50とメバル17cm(2019.5)

ちょっとスレがかり気味にフッキング。

ファットボディで浮力が強すぎるのか、なかなかクリーンに乗らないバイトが多かったです。

潮止まりの低活性時に使うには、フラフラアクションがちょっとオーバーだったのかもしれません。

ファットなフローティングプラグといえば、リッジ35Fも投げてみよう・・・。

ということで、キャストして一発!

リッジ35Fとメバル14cm(2019.5)

当日最小サイズの14cm。

乗らないショートバイトの正体は、この子達だったのかもしれません。

リッジはコンパクトなので、ついばむ系バイトも絡めとりますね。

ラストはこれで釣ってみたかった系プラグのユーリで。

ちょっとレンジを沈めて、デッドスローで巻いてくるとゴグン!

ユーリとメバル19cm(2019.5)

先ほどの一枚とは対照的に、この日最大サイズの19cm。

この白メバル群の中では一番成長した個体の印象です。

スレ掛かり的に口周りにフッキングしていました。

結果、小場所で連発!ルアーローテで連続ヒット!

メバルプラッギングの結果メバル6枚とソイ1枚(2019.5)

リザルトとしては、メバル6枚プラスワン。

トレースコースが2〜3通りしかとれない超小場所でしたが、こまめなルアーローテで数を伸ばすことができました。

「同じルアーを投げていると魚(全体)がスレるのでローテしたほうが良い」という話を聞きますが、「魚(個体)によって好みのルアーが異なるのでローテした方が良い」という説もあり。

こればっかりは魚に聞いてみないとわからないかもしれませんが、個人的にスレについては後者の説のほうが有力なのでは?と感じています。

今回のメバルはすべて白メバル。

常夜灯周りへプランクトンを捕食しに、満潮とともに差してきた群れにアプローチできました。

白メバルは群泳するので、ベイトを考慮してハニースポットを掘り当てるとと連発できるのかもしれませんね

以上、「メバルプラッギング連発!漁港のスロープはハニースポット!」でした!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA