エリアトラウト

那須白河フォレストスプリングス実釣レポート1月編その2

雪化粧の那須白河フォレストスプリングスのサードポンド(2022.1)

那須白河フォレストスプリングスへ初釣りに行ってきたのでその実釣レポです!

当日の天候

天気は、曇り時々晴れ。

風は北からの風1mでしたが、体感はほぼ無風でした。

水温は2.5度。気温は4度前後。

ファーストポンドとセカンドポンドのアウトレット周りには、氷が残りました。

セカンドポンドにて

魚の居場所をチェックする

水温が2.5度と低く、魚は沈んでいる様子。

ということで、スリムスイマー5gで遠投して水深のある沖を探ります。

遠投してボトムを探ると反応があったのは、小型のコーホーサーモン。

低水温に強いトラウトなので、多く放流されているようです。

アルミん5gでも同様にキャッチ。いずれにせよ、カラーは天気に合わせた青銀が好調でした。

魚は非常にスローな展開

スプーンの巻きの釣りに反応が薄くなったので、スローな展開に強いゆびサック40SFを投入。

デッドスローでロール主体のアクションで引いてくると、カケアガリに差し掛かったところで痺れを切らしたようなバイト!

反転して下アゴにフッキングしていました。

中央付近にて

ちょこっと場所移動して、中央付近の様子を見ることに。

水深のあるボトムやカケアガリ付近を中心に探るものの、反応は得られず。

30分ほど投げてみたものの、沼にハマりそうだったのでボチボチ切り上げました。

インレットにてスプーンで探る

インレットに入っても、状況は大きく好転せず…。

スリムスイマー5gハイバースト1.3gジキルジュニア0.7gでポツポツ拾っていきます。

カラーは引き続き青銀、また食わせのペレットカラーが好調でした。

ミノーのデジ巻きで初ヒット!

お隣さんがミノーのデジ巻きで連発させているので、見よう見まねでチャレンジしてみることに。

あれこれ手持ちのミノーを投げましたが、うまくハマったのはダブルクラッチ

デジ巻きで沈ませ、ポーズの浮上で食ってきました。

といっても数は伸ばせず、やっぱり得意な釣りをしないとね!ということでボトムの釣りにシフトです。

ボトムのスロー展開で連発!

これまでボトムバンプやデジ巻きでは反応が薄かったので、一気に速さを落としてスローなズル引きで攻めることに。

シマノのそことろでウネウネ攻めると、強めのガツン!というバイトで久々のグッドサイズなレインボーがヒットしました。

そことろで釣れるなら、とボトムノックスイマーIIをチョイス。

アクションはあくまでズル引きで、ヒットを重ねました。

ある程度釣ったところで、ルアーをスタックさせてロスト。

そろそろ良い時間となったので、納竿としました。

今日の教訓と今後の展望

今日の教訓

湖面が氷結した中で、全体的に爆発的は薄い状況。

インレットも爆発力があるというよりは、流心の先や端に魚が寄ってなくはない、という感触でした。

今後の展望

セカンドもサードも小型のコーホーサーモンが多い状況ですが、グッドサイズのトラウトも潜んでいることに変わりはありません。

コーホーはある程度速い展開も追ってきてくれましたが、全体的にはボトム×スローの方が魚は口を使ってくれるようでした。

向こう1ヶ月くらいは、この状況が続くかもしれません。

 

以上、「那須白河フォレストスプリングス実釣レポート1月編その2」でした!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。