メッキ

淡路島でメッキがプチ爆!高活性な夕マヅメのヒットルアーの法則とは!?

濁り潮の夕マヅメに釣ったメッキ15枚とシーバス1枚(2019.10)

最近はめっきりメッキハンターと化しています。

淡路島界隈は異例のメッキ当たり年・・・ということもあるんですが、「今シーズンメッキ100匹釣る!」という目標を勝手に掲げ、シャカリキに追いかけ回しているんですね。

10月半ばで35匹、あと65匹イケるのか!?

という状況の中、夕マヅメの90分で15匹キャッチというプチ爆を体験してきたのでその実釣レポです!

台風後の夕マヅメ、濁りの残る状況で

濁り潮の夕マヅメにメッキ15枚釣った日の空(2019.10)

台風19号が日本列島に大きな爪痕を残していきましたが、被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。。

そんな台風の影響も落ち着いたタイミングで、夕マヅメに河川にエントリー。

濁り潮の夕マヅメにメッキ15枚釣った日の水面(2019.10)

思ったより濁りはキツく、潮の色はカフェオレ色。

風はないコンディションですが、メッキにこの濁りは吉と出るか凶と出るか・・・?

まずは、広範囲を広く探るべく遠投性能の優れたシャローマジック60をチョイス。

シャローマジック60

ちょっと大きめサイズですが、やる気のある群れがいれば何らかの反応はあるはず・・・。

と手返しよく撃って撃って撃ちまくり、ようやくスレ掛かりでメッキをキャッチ。

濁り潮の夕マヅメにメッキ15枚釣った日にシャローマジック60で釣ったメッキ(2019.10)

うーん、明らかに「合ってない」感じの掛かり方。

シャローマジックのカラーやサイズが合ってないのか?とサイズダウンやカラーチェンジを繰り返しても、なかなか次に続きません。

ルアーチェンジで連発!キーワードは「水面」だ!

魚はいるんだよな〜、ということで改めて広く探るべく、アピール力の高いペンシルポッパーにチェンジ。

ポコン、1秒ステイ、ポコン、1秒ステイというポッピングを繰り返すと、パシャッ!と水面に炸裂するミスバイト!

おお、魚おるやんけ!と再びポッピングで同じコースを通すも乗らず。

メッキのバイトは確認できたので、トップでより食わせに特化したレイジーソリッドをチョイス。

濁り潮の夕マヅメにメッキ15枚釣った日にレイジーソリッドで釣ったメッキ(2019.10)

濁り潮だったのでアピール力が高いマットチャート系のカラーをセレクトしましたが、これが今日は大当たり。

濁り潮の夕マヅメにメッキ15枚釣った日にレイジーソリッドで釣ったメッキ(2019.10)

同じコース、同じ攻め方、同じルアーで連発です。

レイジーソリッドの水面ドッグウォークでしっかりバイトがあり、またポッパーでミスバイトがあったことからトップへの反応が良いと判断。

水面から沈ませ過ぎず、水面に浮かせ過ぎずのレンジを攻めたいと思い、シンキングポッパーをセレクト。

水面をガボッ!ボコッ!とセクシーな音を立てながらジャークさせると、続けてヒット!

濁り潮の夕マヅメにメッキ15枚釣った日にクリスタルポッパー30Sで釣ったメッキ(2019.10)

さらにもう1枚、リアフックを丸呑みされてしまい、流血写真で失礼いたします。

濁り潮の夕マヅメにメッキ15枚釣った日にクリスタルポッパー30Sで釣ったメッキ(2019.10)

やっぱりトップ系が反応いいな〜と再びペンシルポッパーに戻し、直線的にポッピングさせるもミスバイト。

反応を得られたので、そのままドッグウォークで誘い出しフロントフックへ深いバイトを得ました。

濁り潮の夕マヅメにメッキ15枚釣った日にペンシルポッパーで釣ったメッキ(2019.10)

同じルアーを数投するとスレるのかバイトがなくなりますが、活性が高いのか一度使ったルアーでもローテを戻すとまた追加!

濁り潮の夕マヅメにメッキ15枚釣った日にレイジーソリッドで釣ったメッキ(2019.10)

再びレイジーソリッドのマットチャート系カラーを水面ドッグウォークさせキャッチ。

濁り潮の夕マヅメにメッキ15枚釣った日にレイジーソリッドで釣ったメッキ(2019.10)

面白いことにクリア系カラーには反応なく、ソリッド系カラーに連発しました。

やっぱり濁りが効いている状況がカラーに与える影響は大きいと思います。

活性が高い日は足数で稼ぐ!

少し釣ってスレてきた感じがするので30mほど場所移動。

ここにはメッキいるかな?とレイジーソリッドでチェックすると、ファーストキャストでレスポンスあり。

濁り潮の夕マヅメにメッキ15枚釣った日にレイジーソリッドで釣ったメッキ(2019.10)

フロントフックにがっつりバイト、こちらも活性は高いようです。

さらにもう一枚追加。

これはキャッチ後にフックアウト。

濁り潮の夕マヅメにメッキ15枚釣った日にレイジーソリッドで釣ったメッキ(2019.10)

さらにもう一枚追加。

今度はリアフックにフッキング。

濁り潮の夕マヅメにメッキ15枚釣った日にレイジーソリッドで釣ったメッキ(2019.10)

フッキング位置がフロント→リアに変わると、スレが進んだ感じがしますね。

同じルアーで反応が悪くなっても、やはり水面のルアーに反応が良いことに変わりはなく。

濁り潮の夕マヅメにメッキ15枚釣った日にペンシルポッパーで釣ったメッキ(2019.10)

ペンシルポッパーのドッグウォークでさらにもう一枚追加。

水面系ルアーやチャート系カラーに反応が良いので、手持ちの投げたことのないチャート系カラーも試してみることに。

ティロミノーでレンジを入れてブレイクラインをトゥイッチさせると、飛び出したのはセイゴ。

濁り潮の夕マヅメにメッキ15枚釣った日にティロミノーで釣ったセイゴ(2019.10)

心なしか、セイゴの食わせ率が高い印象です。

いよいよ日も暮れだして、日没直前にレイジーソリッドのチャート系カラーで三枚連発!

濁り潮の夕マヅメにメッキ15枚釣った日にレイジーソリッドで釣ったメッキ23cm(2019.10)

最大サイズは22cm、日暮れ直前になるほどサイズが上がる日でした。

リザルトは15枚。アタリルアーは水面系とチャート系!

本日のリザルトは、90分でメッキ15枚+1!

濁り潮の夕マヅメに釣ったメッキ15枚とシーバス1枚(2019.10)

夕マヅメの活性の高い群れを効率よく狙い撃ちできました。

カフェオレ系の濁り潮が強いコンディションでしたが、トップ系ルアーとチャート系カラーに連発な日でした。

メッキ100枚チャレンジまで、残り50枚と折り返し地点!

今後もガンガン狙っていきたいと思います!

以上、「淡路島でメッキがプチ爆!高活性な夕マヅメのヒットルアーの法則とは!?」でした!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA