【書評】シーバス釣りに関する本だけど、なんとなく、薄い内容でした

「岸壁ジギング」「8の字釣法」の先駆者であり、ルアーメーカー「コアマン」代表取締役である泉裕文氏によるシーバス指南書。

ポイントごとのメソッド、シーズナルパターンについての記載もあるが、どうにも広く浅くといった感じ

面(水面、底面、流速面)を意識した釣りや季節風(木枯らし一号、春一番)によるスイッチの変化など、改めて考えながら釣ることの大切さを再確認することはできる。

初心者には導入本として、中級者には振り返り用として、何らかの機能は果たしそう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA