ヤマメ

降っても降らなくてもシビア?基本に立ち返る7月渓流釣り

ブナの森の源流域

ブログが復★活!してめちゃんこ嬉しい丸です。

旧サーバーのJETBOYで画像挿入に不具合が生じたため、新サーバーのエックスサーバーに切り替えたらめっちゃサクサク!

ということで、遅くなりましたが7月の渓流釣りまとめ記録です。

水温上昇と減水のダブルパンチ

水温上昇でウグイが高活性

 

水温が上がり、いつもはヤマメが定位するポイントもウグイパラダイスに。

6月の水温は16度といい感じだった中流域のポイントも、7月に入ると20度オーバーになりました。

減水が続き、苦戦!

5〜6月は高実績だったポイントも、減水により小型化&低活性化が進みます。

いつ出掛けても良い季節から、雨の降り方を気にする季節へと変わりました。

かといって増水しても…?

まとまった雨に喜んで出撃するも、見切られがちな展開。

しかし、増水時は平水時と一味違う…。

ということで、いつもはヤマメだらけのポイントですが、イワナが飛び出してきました。

意外やド日中にいい思いも。

7月はやっぱり朝マヅメでしょ!と思いきや、意外や日中に良い思いも。

水深のあるポイントや、水流の強いポイントで良型のヤマメやブラウントラウトを連続してキャッチ。

この、「ここいそうだな」というポイントから「やっぱりいた!」と引きづり出すプロセスはめっちゃ楽しい!

7月の渓流釣り釣行まとめ

減水時は苦戦しがちでしたが、増水時はウハウハかというと、そうでもない。シビア。

7月の釣りは5〜6月と比べてシビアでしたが、ポイントを見極めてレンジをきっちり通せば結果が出やすかったように感じます。

下旬からアブの猛攻あるかな〜と思いましたが、標高450m前後のエリアではそんなにアブアブしていませんでした。

来月は源流を遡行する!ぞい!

釣行データ

年間釣行回数30回

7月釣行回数6回

ヤマメ22

ブラウントラウト9

ウグイ8

イワナ6

ニジマス1

以上、「降っても降らなくてもシビア?基本に立ち返る7月渓流釣り」でした!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。