メバル

プラグを黒に染めろ!黒が活きるメバルプラッギング!

メバルプラッギングで黒しか釣れなかったときの写真paint plug black (2020.4)

とある世界線。

TV「今日の釣り占いのコーナーです」

ワイ「釣り占い?」

TV「メバルをプラグで釣りたいあなた…」

ワイ「ややニッチなとこ突くな。ワイや」

TV「今日のラッキーカラーは『黒』です!」

ワイ「黒?」

メバルプラッギングでブラックカラーが効くシチュエーション

ルアー選択においてカラーは二の次…1にレンジ、2にアクション、34がなくて、5にシルエット。

と思っていましたが、ことメバルに関してはカラーも重要。

黒色が効くのは、たとえば常夜灯下で濁りが入っているシチュエーション。

他のルアーをいくら投げてもカスリすらしないポイントで、黒色ルアーにのみ深いバイトが連発!ということがあるんです。

エライザーとブラックカラープラグで釣ったメバル16-18cm(2020.4)

たとえば、ピットスティック47で。

ピットスティック47で釣ったメバル17cm(2020.4)

たとえば、エライザーで。

エライザーブラックで釣ったメバル16cm(2020.4)

90mmのシンペンにも、15cmちょいのメバルがアタックしてきます。

ちょっとメバルから逸れますが、コレット45で。

コレット45で釣ったガシラ(2020.4)

これまであらゆるルアーを通して反応がなかったコースでも、ブラックカラーには好反応ということも。

チャートカラーにしか反応しない夜もあるので、この辺りの釣り分けはちょっと興味深いところ。

チャートカラーのみに好反応だったメバルプラッギング集合写真(2020.3)
捨てろ!クリアカラー信仰!チャートカラーでメバル連発ゲーム!メバルプラッギングはクリアカラーで!という固定観念にとらわれていませんか? 今回、固定観念にまんまととらわれてなかなか釣れない→カ...

黒色ルアーを捕食しているメバルの胃の中は…

大量のヨコエビに、少々のバチ。

ピットスティック47やエライザーのブラックで釣ったメバルの胃の中のプランクトンベイト(2020.4)

なんてことはない、普段のメインベイトです。

澄み潮なら光が透過するクリアカラーのプラグでしか連発しないポイントでも、濁り潮では光が全く透過しないブラックカラーでしか連発しないポイントになることも。

ライズはあるのに、何を投げても反応しない…!っていうシチュエーションのときにはぜひカラーローテーションの一つに加えてみてください。

以上、「プラグを黒に染めろ!黒が活きるメバルプラッギング!」でした!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA