おすすめはどれ?ランディングシャフト(玉網の柄)比較!

ランディングシャフトを新調したい!ということで、おすすめはどれか?という観点で比較してみました。

これまではエサ釣りメインで磯玉網長さ5.4mを使ってました

これまでは磯玉網5.4mを使ってました。

メインとなる釣りは、堤防での投げ釣りやブッコミ釣り。

玉網の出番はカレイがメインでした。

この磯玉網、頑丈なんですがなにせ長いし重い!

ただ、カレイの投げ釣りやウキ釣りのように、腰を据えて釣るスタイルではその重さや長さはあまり気になりませんでした。

これからはルアー釣りメイン。ランディングシャフトに求めたいのは・・・

エサ釣りをすることは少なくなり、最近のメインはもっぱらルアー釣り。

ライトゲームからエギング、シーバス・青物まで。

ぶっこ抜けないシーバスや青物を想定したランディングシャフトが欲しい。

欲を言えば、キロアップのアオリイカをランディングする上ではギャフをつけてもいい。

マヅメ時のみのショートゲームが基本スタイルですが、同一エリア内をくまなく探るので、自重は少しでも軽いほうがいい。

シーバスや青物の想定フィールドは河川や小堤防。

海面から足場はさほど高くなく、潮周りにもよりますがせいぜい1〜3m程度。

もちろん、大堤防で釣りをするときもありますがそこまで頻繁ではないことを考えると、3.6〜4m程度の長さでも十分対応できそうです。

ランディングシャフトを選ぶ際の条件

「できるだけ軽く、コンパクトに」がテーマ。

ただ、使用エリアで必要最低限の長さがあることが大前提。

というわけで、「長さ」「重さ」「仕舞寸法」がランディングシャフト選びの条件になります。

欲しいランディングシャフトの「長さ」は3.6m〜4m程度

一般的に、バーサタイル(汎用性が高くどこでも使えるよう)なランディングシャフトの長さは5m前後と言われています。

日本沿岸の堤防は、足場〜海面までの高さが5m前後であることが多いのでしょう。

ちなみに、渡船を使った沖堤防がメインフィールドの場合、ランディングシャフトの長さは6mくらい必要なようです。

人間の心理的にもっとも恐怖を感じる高さは7〜8mなので、各地の堤防の高さはそれ以下で設計されているのかもしれません。

まあ、足場7m以上の高さで釣りをしようっても手返しも悪くなりそうだし・・・ようやらんということかもしれませんが。

軽さはできるだけ軽く!

軽さは絶対。

重くて持ち歩きたくないランディングシャフトは、絶対携行しなくなります。

「何グラム以上だと重いのか」という絶対的な観点ではなく、「今リリースされているランディングシャフト内で比較するとどれが軽いか」と相対的観点で考えます。

仕舞寸法はできるだけ短く!

コンパクトさも正義。

仕舞寸法(一番短くした時の長さ)も、できるだけ短いほうがいいですね。

仕舞寸法が短いと継ぎ目が多くなり、伸ばして持つとダルさを感じるともいわれますが・・・

タモをそんなに長時間伸ばして使うこともないので、今回はその点は考慮しません。

3.6m〜4m前後のランディングシャフトを比較してみたよ

ということで、3.6m〜4m前後のランディングシャフトを比較してみました!

商品名(メーカー)長さ重さ仕舞寸法
ラストウィニング ランガンシャフト360(タカミヤ)
3.6m492g43cm
ランガンアーム360(プロトラスト)
3.6m430g45.5cm
ソルパラランディングシャフト400(メジャークラフト)
4.0m369g61cm
キャッチバー改350(テイルウォーク)
3.5m350g68cm
レコードキャッチャー400(tict)
4.0m323g 52.5cm
コンパスシャフト360(タカ産業)
3.6m296g61cm

ざっとこんな感じ!

一番重いランガンシャフトはグラス素材100%、軽くなるにつれカーボン含有率が増えていく感じです。

メジャークラフトは重さ非公開のため、こちらの記事を参考させていただきました。

こうして並べてみると、tictのレコードキャッチャーはやっぱり軽いですね。

1mあたり約80.75g。

しかし・・・あれ?タカ産業のコンパスシャフトすごくない?

1mあたり約82.22g。

それでいてお値段はtictのレコードキャッチャーの三分の一ほど。

それでいて重量はクラス最軽量。

ランディングシャフトを比較してみてポチッたのは・・・

比較してみて、迷うことなく即決しました。

使用感については、またおいおいインプレしてみたいと思います!

以上、「おすすめはどれ?ランディングシャフト(玉網の柄)比較!」でした!

こちらの記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA