グルメ

洲本ペガサスのスイーツは超絶オススメ!季節ごとに通いたくなる!

ペガサスのロゴ

衝撃的・・・なぜ今まで行かなかったんだ・・・。

洲本レトロ小道に2018年夏にオープンした「ペガサス」に行ってスイーツを堪能してきたのでその実食レポです!

レトロ小道にペガサスあり

淡路島の洲本レトロ小道の一番端っこに、ペガサスはあります。

写真向かって左がペガサス、向かって右がバーエトワール、正面奥に進むと洲本イオンです。

ペガサスの外観

レトロ小道の端っこに、ひっそりと佇むお店。

ペガサスの外観

それがCoffee&Bake Stand pegasus awajishima です。

ペガサスのロゴ

対面にあるバーエトワールの姉妹店。

バー店舗とは別に、ランチ、スイーツ、コーヒーメニューが充実しています。

ペガサスのスイーツメニュー

店舗前にはスイーツやビバレッジの写真がズラリです。

ペガサスの店内

早速店内に入ってみましょう。

ペガサスのロゴ

長屋を改装した店内はこじんまりと、席数はMAX18名ほど。

ペガサスの店内

オープン開始から5分ほどして入ると、既に12名ほどのお客さん。

ペガサスの店内

うーん、人気店っぷりが伺えます。

ペガサスのメニュー

メニューの幅広さは相当のもの!まずは季節のデザートから始まり・・・、

ペガサスのメニュー

ランチタイムのピザメニューも。

ペガサスのメニュー

と、思ったら本格パスタも。

白桃と生ハム、モッツァレラの冷製パスタが食べられる?????

ペガサスのメニュー

そして最も気になっていたのがバーエトワールでも提供されるエスプーマ系かき氷!

ペガサスのメニュー

いちご、ロイヤルミルクティー、宇治抹茶から始まり変わり種まで!

ペガサスのメニュー

うーん、どれにするか迷う・・・。

ペガサスのメニュー

洲本ペガサスのスイーツを実食!

ペガサスのスイーツをあれこれいただいたので実食レポです!

【季節限定】フレッシュ桃まるごとのパフェ

まずは驚愕の「フレッシュ桃丸ごとのパフェ」(1,500円)です。

何が驚愕かって、パフェを構成するひとつひとつの要素のクオリティが高い!

ペガサスのフレッシュ桃の丸ごとパフェ

クッキーはただのお星様かと思わせきラズベリーのアイシング、匠のミルクアイスは濃厚だけど食感はさらさら、ひんやりとした完熟桃のジューシーさは当然、ディプロマクリームは正体不明ながらとろっとろでウマウマ、桃と白ワインのジュレは大人なテイストetc…

ペガサスのフレッシュ桃の丸ごとパフェ

神は細部に宿るというか、ジュレにも丸ごと桃が入っていたのは驚きました。

ペガサスのフレッシュ桃の丸ごとパフェ

非常に楽しく食べ進められるというか、「次は何が出てくるんだろう?」というワクワク感。

レコ屋でヴァイナルをディグる感覚とよく似ている・・・!?

頭の先からつま先までスキのないクオリティで、とりあえずコーンフレークを挟まない姿勢に盛大な拍手です。

どこぞのデパートのハイエンドクラスも顔負け、ペガサスの季節限定パフェは要チェックかも・・・!!

エトワール藻塩キャラメルナッツかき氷の練乳エスプーマがけ

こちらは人気のかき氷シリーズから。藻塩キャラメルナッツかき氷の練乳エスプーマがけ(1,000円)です。

ペガサスのエトワール藻塩キャラメルナッツかき氷

氷には練乳の直がけされ、藻塩の塩気がその甘みを引き立てます。

ペガサスのエトワール藻塩キャラメルナッツかき氷

キャラメリゼされたナッツはパリッパリで苦味あり、ちょっと大人なテイストです。

ペガサスのエトワール藻塩キャラメルナッツかき氷

とにかくエスプーマがとろりと滴り落ちるので、崩しながら早めにいただくのが吉です。

というか、美味しすぎて直前の昼飯に何を食べたか脳内からぶっ飛ぶレベル。

こりゃ他のテイストも気になります。

以上、「洲本ペガサスのスイーツは超絶オススメ!季節ごとに通いたくなる!」でした!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA