ふわふわもちもち!中原水産の釜揚げしらす丼実食!

淡路島は洲本の「中原水産」でランチしてきたのでその実食レポです!

水産会社のカフェ風ランチ、なかなか攻めてます!

淡路島の「中原水産」。水産加工会社のゴハンとは?

洲本市の中心部を離れて、北部の炬口(たけのくち)方面にお店はあります。

中原水産の名の通り海産物の加工・販売が中心のお店ですが、お食事としてしらす丼がいただけちゃうんです。

のれんをくぐると、1階は海産物の販売コーナー。

レジのお姉さんに「食事の利用です」と告げると、階段を上がって2階へ・・・と案内されます。

あれ?壁にかけられているのはストラトキャスター?

2階の食事コーナーはまさにカフェスペースといった感じ。

窓からは炬口(たけのくち)の港が見えますね。

店内は思いのほか広く、20名は優に入れると思います。

階段があるので、ベビーカーを持って上がることは難しそうですね。

中原水産のメニュー

こちらが中原水産のメニュー。

しらすを中心とした丼ぶりが3つ、いかなごの丼ぶりが1つというシンプルなラインナップ。

「何がウリか?」というのがブレなくていいですね。

こういうメニューはあれこれ迷わなくて済むので、個人的には好きです。

「中原水産」のしらす釜揚げ丼、実食!

待つこと数分、こちらが「しらす釜揚げ丼」(1,200円)です。

淡路島らしく玉ねぎたっぷりのお味噌汁は甘めの味付け。

しらす丼の上には、みょうが、しょうが、ねぎ、のり、すだち、卵黄、大葉と7つの薬味が。

さて、気になるしらすの方は・・・もちもち!?

一口頬張ればふわふわと口の中いっぱいに広がり、もちもちと弾力のある釜揚げしらす。

これはちょっと予想外でした。

新鮮な釜揚げしらすって、こんなに弾力があるんですね。

しらすは量もめっちゃ多く、ご飯の量と同じくらいでは!?と思うくらいのボリューム。

個人的には、すだちがベストマッチでした。

すだちはお味噌汁に絞って入れてもまた美味しいので、ぜひチャレンジしてみてください(マジ)。

▼▼▼

海鮮丼というとお刺身のイメージがありますが、新鮮な釜揚げしらす丼も立派な海鮮丼だな〜と思いました。

以上、「ふわふわもちもち!中原水産の釜揚げしらす丼実食!」でした!

中原水産

こちらの淡路島記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA