エリアトラウト

穏やかな冬晴れの辛さ。那須白河フォレストスプリングス実釣レポ12月編

白河フォレストスプリングス実釣レポート2022.12

12月中旬に那須白河フォレストスプリングスさんに行ってきたので、その実釣レポです!

 

当日のコンディション

パソコンとメモと手帳に計画目標を書く人

天気は晴れ。

風は吹いているものの、影響あるほどではない微弱なもの。

気温は記録とり忘れたけど、暖かく穏やかな日。水温は5〜6度。

 

午前中の部

サードポンドのミノーイングにて

8:20頃、シュガーミノー50Fのアカキンでキャッチ。

トントントントントン、と5回連続ショートトゥイッチからの、トン・トン・トンと食わせの間を意識したスローピッチなトゥイッチにて。

沖から追いかけてきて、岸際で反転バイトしてくれました。

フロントフックに掛かっていると、やる気スイッチを入れられたようで嬉しいですね。

8:30頃、足元のイワナ系もバイトに持ち込んだものの、アタフタしているうちにフックアウト。

サイズはそこまででもなかったものの、理想通りのコースで食わせられただけに無念です。

足元で掛けた時のスピーディなランディングが課題。

ブルックトラウトの群れを探して

恋の季節を堪能しているであろうブルックトラウトを探してランガン。

9:00頃、群れを発見し、同じくシュガーミノーF50でキャッチ。

created by Rinker
バスデイ(Bassday)
¥1,595
(2023/02/02 21:27:16時点 Amazon調べ-詳細)

ただ、季節が進んだからか、群れの密度が薄くなってきているような。

紅葉の季節がハイシーズンとして、そろそろ落葉の時期のため産卵に向けたスクールも一段落なのかも。

反応してくれる魚を探してウロウロ

その後も反応してくれる魚を探して、各ポンドをウロウロ。

ミノーイングを主目的としつつ、魚探しはやっぱりぺピーノ。

で、9:45と10:25にポツポツとキャッチ。

スリムでロングなボディはルアー体積が少ないため、魚にとっては思ったより小さいシルエットに写っているのかもしれません。

ので、派手系カラーの方が釣果を伸ばしやすいですね。

created by Rinker
ノーブランド品
¥7,780
(2023/02/02 21:27:16時点 Amazon調べ-詳細)

予想通りの食わせ方でキャッチ

といってもミノーイングを諦めている訳ではなく、魚がいそうなポイントでは果敢にシュガーミノー50Fをキャスト。

ここ、いそうだな…というポイントに、イメージ通りのコースを通すと一発でアンサー。

11:13頃、黒いイワナ系のトラウト(ブラックトラウト?)がヒット。

12:00頃、ぺピーノMRでレインボーを追加し、午前の部は終了です。

午後の部

(ここからは写真を撮り損ねており、文章だけでお楽しみください)

サードのインレットにて

たまたま空いていたサードのインレットへ。

何を投げても、反応がない…。

14:10頃、ぺピーノMRで可愛いブラントラウトをキャッチ。

で、また沈黙…。

ランガンしてジャガー

釣れないとクランクに逃げがちですが、そもそもやっぱり今日の目的はミノーイング。

ということで、再びランガンして15:10頃にジャガートラウトをキャッチ。

ルアーは安定の

魚が溜まっているポイントを発見

比較的シャローであり水温が上がってきているのか、浮いた魚が溜まっているポイントを発見。

浮いているならこのルアー、ということでブランキーFです。

created by Rinker
ROB LURE(ロブルアー)
¥1,540
(2023/02/02 21:27:18時点 Amazon調べ-詳細)

午前中にぺピーノの調子が良かったので、表層レンジ攻略用として。

15:30頃、レインボーを1本キャッチ。

走行しているうちにライズが始まったので、トップタイム突入。

デカミッツドライのクリアで15;44,15;51に一本ずつ。ケイムラで16:06,16:13に一本ずつキャッチしました。

林鱒の特徴として、トップのアクションはストップ&ゴーよりもスローリトリーブの方が良いバイトを得られる気がします。

最後に、再びブルックトラウトをシュガーミノーFで16:35に仕留めて納竿としました。

今日の教訓と今後の展望

前日は「寒く」「曇天で」「風が強かった」ようで、カランバなどで好調だったようです。

釣行当日は「暖かく」「晴天で」「無風」のため、全体的に苦労しました。

まあ、夕方のトップタイムは穏やかな日に始まるイメージが強いので、楽しめたのかもしれません。

ミノーへの反応は、そもそもミノーに反応しやすい魚の密度が薄くなったようで、紅葉の時期と比べると効率は悪くなったかもしれません。

それでも、サードを回っていたミノーマンはコンスタントに釣っていたので、腕の差に尽きるのかもしれませんが…。まだまだ特訓ですね。

以上、「」でした!

那須白河フォレストスプリングス

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です