早朝サーフで青物・シーバスゲーム!飛び出したのは・・・

暑いですね~、夏真っ盛り!

ということで、青物の動向チェックとごっつぁんシーバス狙いで早朝のサーフにエントリーしてきました!

潮流の速いサーフ

エントリーしたのは、磯がらみの潮流の速いサーフです。

まずはトップウォータープラグで様子見ということで、ダイワのT.Dソルトペンシルをロングキャストします。

ドッグウォークや早巻きで引いてきますが、潮流でみるみる流されていきます。

う~ん、これではちょっと釣りにくいかも・・・

メタル系ルアーにチェンジ

続いて、ある程度自重がありしっかりアクションしてくれるルアーに変更、ということでブリーデンのメタルマルをチョイスしました。

メタルジグなみの飛距離を誇り、かつスピンテールによるフラッシングアピールも期待できる頼れるルアーです。

まずは可能な限りロングキャストし、表層を早巻きでリトリーブしてきます。

反応がないので、レンジを少しずつ下げて探っていくと・・・。

それでも反応がない。ので、アクションを変えていきます。

ただ巻きではなく、今度はジャークとフォールを交えながら、表層から中層、ボトムへとレンジをを変えながらルアーを通していきます。

フォールアクションはサバ系の反応がいいので、サバの回遊に当たらないかな~と思いましたが・・・。

それでも反応がない。ので、ボトムに落としてからのリフト&フォール作戦です。

夏のサーフということで、苦肉の策のごっつぁんマゴチ狙いです。

ボトム着底→リフト→テンションフォールを繰り返していくと・・・。

根掛かりとルアー回収率

何かがアタった気がしましたが、すぐに動かなくなってしまいました。

くそう・・・根掛かりか・・・とサーフなので横方向に50歩ほど移動。

根掛かりしても、立ち位置を水平に移動することでルアー回収率をアップさせることができます。

なかなか混雑した堤防などでは難しいですが、広々としたサーフなので今回は問題なしです。

ヒット!

立ち位置を移動してルアーを引いてくると、グググッ!という生態反応あり!

突っ込むような引きでしたが、後半はただ重いだけになりました。

メタルマルとガシラ(カサゴ)

上がってきたのは、期待を裏切らないガシラでした。

日もすっかり昇って暑くなってきたのでこれにて納竿としました。

サーフはベイトの気配もなかったですが、これから秋も深まってイワシが入ると海も賑やかになってくると思います!

今年の青物釣果

今年の青物釣行記についての記事もありますので、興味のある方は合わせてチェックしてみてください。

※追記あり【淡路島青物痛恨のバラシ!】キャッチ率をアップするには。
【続々追記:ページラストに淡路島の青物釣果情報をアップしています!】毎年、この時期になると青物が本格化してきて、だんだんと釣れるようになります。淡路島の青物...

今年は大型の青物をバラシてしまっただけなので、なんとか今秋には1本上げたいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA