ニュース

ワークマンの2020年春夏新商品展示会に行ってきたよ!

ワークマン2020春夏新商品展示会看板

ワークマンの2020年春夏新商品展示会に行ってきました!

その中でも気になったアイテムをピックアップして、ポポポポ〜ンとご紹介します!

ウィンドコアシェルジャケット(3,900円)

ワークマン2020春夏新商品展示会アイテム

温暖化も進み、暑いぜ、地球・・・という昨今ですが、空調服は2020年春夏もラインナップあり!

僕も着させてもらいましたが、 意外やフードをかぶったらめちゃくちゃ涼しかったです。

腰回りにある空気導入ファンが回転し、首筋まで風が駆け上がってくる感じ。

ワークマン2020春夏新商品展示会アイテム

別売りのファンは8Vで10時間駆動、10Vで5時間駆動するそうです!

3レイヤー透湿ストレッチレインスーツ(4,900円)

ワークマン2020春夏新商品展示会アイテム

売れに売れているレインスーツ、スリーレイヤーで耐水圧20,000mmな上に上下セットで4,900円!

この機能でこのお値段は、かなりイケイケでオシオシのようです。

レッドはアウトドア仕様ですが、ネイビーブラックは街着にも使えそうです。

グレーは個人的にアリ!タフに着ると汚れが目立つけどね。

ワークマン2020春夏新商品展示会アイテム

ただ、ポケット位置が高すぎてちょっと釣りでは使いにくそう・・・なので、個人的に今シーズンは見送りかな。

4D防水ストレッチレインパンツ(3,900円)

ワークマン2020春夏新商品展示会アイテム

2020年の春夏のもうひとつのウリは、防水ジーンズこと4Dストレッチレインパンツ。

実証ブースには常に人だかりができていました。

こちらも、レインウェアと同じスリーレイヤー採用。

地肌に直接着られるレインウェアのような機能性です。

ワークマン2020春夏新商品展示会アイテム

見た目はジーンズに寄せているので、さながら防水ジーンズといった感じでしょうか。

ワークマン2020春夏新商品展示会アイテム

カラーはインディゴネイビーとインディゴブルーの2種類展開です。

注意点としては、「防水シームが熱や摩擦に弱くいので、お手入れは水洗いで」とのこと。

フィッシングウェア界隈にも防水ジーンズ市場はニッチながらありますが、脅かす存在になるかもしれません。

エアロストレッチクライミングショートパンツ(1,900円)

ワークマン2020春夏新商品展示会アイテム

全然スポットが当たっていなかったけれど、個人的に注目したのがクライミングショーツ。

大容量の4ポケット搭載、しかもすべてジッパー付き。

これ、釣り〜キャンプ界隈のアウトドアシーンでかなり重宝するのではないでしょうか。

グラミチのショーツユーザーも、ちょっと興味持つかもしれませんね。

パッカブルボストンバッグ(980円〜1,500円)

ワークマン2020春夏新商品展示会アイテム

パッカブルボストンバッグもおもしろい!

用途はいまいちピンとこなかったものの、耐久性高ければ潜在ニーズは意外とあるのではないでしょうか。

コットンキャンパー(2,900円)

ワークマン2020春夏新商品展示会アイテム

ワークマン公認アンバサダーの一人、サリーさん監修のコットンキャンパー。

デザインもぽってりして可愛いし、キャンプ用ペグハンマーやカラビナを引っ掛ける箇所もあり。

かなり実用度も高めなので、こりゃワークマン女子は要チェックかもしれません。

僕もアンバサダーとして呼ばれたので「イージスオーシャンもっとこんな風にしてほしいよ〜」という意見を送っているものの、イマイチリアクションなく。

釣り人目線の商品展開は市場が小さいので後回し!にされてるのかもしれませんが・・・。

フィールドサンダル(1,900円)

ワークマン2020春夏新商品展示会アイテム

しれっと展示されていたのがフィールドサンダル(1,900円)。

釣りや水遊びだけでなく、キャンプにも良さげ。

つま先を守られているのって、アウトドアでは価値よね。

足元に意外とある石ころや段差につま先を激突させる現象もへっちゃらになるかと。

4D冷感アイスパンツ(2,900円)

ワークマン2020春夏新商品展示会アイテム

冷んやりとした裏地が特徴の冷感アイスパンツも良さそうでした。

昨年モデルに改良を加え、補強を増やしているとのこと。

春夏がだんだん暑くなってきているので、こういう機能系素材はもっと注目されるかもしれませんね。

防虫素材アイテム

ワークマン2020春夏新商品展示会アイテム

防虫素材のアイテムも、今シーズンから取り入れられています。

この機能は確実に需要あると思うけど、どれもデザインがイマイチ・・・で今年は見送りそう。

屋外作業者向けに打ち出している感じで、ワーク色が強すぎてアウトドアにはちょっと落とし込みにくい感じでした。

折りたたみチェアなどのアウトドアグッズ

ワークマン2020春夏新商品展示会アイテム

うお、攻めてるな〜と感じたのが折りたたみチェアをはじめとしたアウトドアグッズ。

缶ビール保冷用カップなんてのもありました。

働く男のワークマン、はすっかり一昔前の印象です。

でも、アウトドアグッズはどれだけ売れるか未知数すぎるので、本格展開するかはまだ未定のようです。

そりゃ作りすぎて売れ残ったら辛いでしょう・・・と思いつつ、こういう攻めの姿勢を崩さない企業姿勢が好きです。

高反発素材ランニングシューズ

ワークマン2020春夏新商品展示会アイテム

こちらも何気に力が入っているな〜と思ったのが、スポーツシューズへの高反発素材導入。

ナイキのピンクの靴が社会現象(問題?)になっていましたが、ワークマンも負けじ?と高反発素材のソールを展開されているそうです。

通常のEVAソールよりもバウンステックソールの反発力は強く、同じ位置から落とした鉄球がスーパーボールのようにピョンピョン跳ねていました。

蓄光反射素材

ワークマン2020春夏新商品展示会アイテム

なんと蓄光&反射機能を搭載したウェアも!

これは絶対釣りやバイクなどの「目立った方が安全」なシーンで引き合い多くなりそうです。

なんなら蓄光&反射機能を搭載したルアーを投げてみたいくらい。

2020年秋冬のイージスシリーズあたりで当機能搭載のモデルがリリースされるんちゃうかな〜と勝手に妄想してます。

攻めてるぞ、ワークマン

大量生産によりコストを抑えた商品展開を実現しているワークマン。

デザインはまだちょっと野暮ったい・・・という印象はぬぐえませんが、アンバサダーの意見を反映したりアウトドア方面に目を向けたり、攻めている印象です。

機能が良い製品が多いので、引き続きチェックしてみたいと思います。

ワークマンオンラインストアでイージスシリーズをチェックする

近隣にワークマン店舗がない淡路島民にとって、オンラインストアは命綱です・・・。

以上、「ワークマンの2020年春夏新商品展示会に行ってきたよ!」でした!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です