釣りネタ

2019年、夏休みに淡路島で釣りたい&釣れてる魚はこれだ!

真夏の太陽

2019年、夏休みに淡路島で釣りをしようと思うんだけど、何が釣れるかな?

と思っている方は、実は多いハズ!

ということで、最近の釣果傾向から夏休みに釣りたい&釣れている魚をご紹介します!

モジャコ&ツバス

アイアンプレートピンクで釣ったモジャコ25cm

2019年夏、淡路島界隈で沸きに沸いているのがモジャコ&ツバス(ブリの幼魚)。

20cmクラスのサイズが多いですが、夏の本格化とともに30cmオーバーのツバスもよく見かけるようになりました。

小さなサイズはサビキ釣りでもヒットしますが、30cmクラスのツバスは10cm以下のルアーで狙うとよくヒットします。

タチウオ

タチウオとアイアンプレート18g(コアマン)

今年の淡路島の夏タチウオは、例年より数は伸びないもののサイズは良い傾向。

指3.5本も混じるので、ある意味秋シーズンのタチウオに近いかもしれません。

豆アジなど小さなベイトを捕食しているので、極力小さなルアーサイズで攻略するのが吉です。

例年、8月中旬まで釣れ続き、一旦小休止の後また9月から釣れだす傾向にありますが今年はどうでしょうか?

豆アジ

サビキ釣りで釣った豆アジとスズメダイ

先のタチウオのベイトにもなっている豆アジ。

サビキやジグサビキで狙うと、大漁ヒットがのぞめます。

もちろん、潮回りや時間帯などのタイミングにも寄りますが、朝夕のマヅメ時は安定した釣果が期待できるでしょう。

口が弱い魚なので、巻き上げは優しく行い口切れを防ぐことが釣果を伸ばすコツです。

チヌ(クロダイ)

チヌ42cmとスウィングウォブラー(2018.9)

夏が本格化するにつれて、本格化するターゲットがチヌ。

砂浜や岩礁帯、堤防など、あらゆる浅瀬で気軽に狙えるターゲットです。

チニングといえばワームを使った底のズル引きを連想される方が多いですが、淡路島の夏はトップウォーターで手軽に気軽に狙うのが人気です。

狙い方やタックルなど、別記事に詳しくまとめているので興味のある方はどうぞ!

▼チヌのトップウォーターゲーム攻略マニュアルはコチラ!

クロダイ(チヌ)
初心者必見!チヌトップ完全攻略マニュアル【2019年版】最近、密かなブームとなっているチヌ(クロダイ)のトップゲーム。 チヌ(クロダイ)なんて、水面に浮かぶルアーにアタックしてくるの?と...

以上、「2019年、夏休みに淡路島で釣りたい&釣れてる魚はこれだ!」でした!

熱中症に気をつけて、綺麗な釣り場で楽しい釣りを。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA