釣りネタ

安戸池で青物釣り!ショアジギングとその釣果について

安戸池の奥水門から受付側を見た景色

安戸池(あどいけ)って知ってますか?

池だけど海、釣り堀だけどルアー釣りができる。

ちょっと変わったところです。

安戸池はショアジギングで青物・マダイが狙える釣り堀

安戸池の奥水門を受付側を見た景色

安戸池は「池」という名前がついてますが、2つの水門で外界と繋がっており海水で満たされています。

中には青物が放流されており、ショアジギングなどのルアータックルで青物が狙えます。

ルアーで青物が狙える釣り堀は全国でも珍しいですね。

サンテレビの「四季の釣り」や「ルアルアチャンネル」などでも放映されています。

青物からヒラメ、マダイまで。

高級魚がルアーで狙えちゃうスポットです。

安戸池は香川のソルトレイク引田にあり!

安戸池の受付

安戸池の場所は香川県東かがわ市。

 

神戸・大阪エリアからは2時間程度でアクセスできます。

高松道の高速引田ICを下りて、下道で10分程度の距離です。

ソルトレイク引田という会社が運営しています。

営業時間や料金は時期により少し変わるので、公式ホームページでご確認ください。

ちなみに、氷は5kg100円で買えます。(バラ氷です)

安戸池のバラ氷5kg200円

トイレは安戸池の入り口にあるので、急にもよおしても安心です。

安戸池入り口にあるトイレ

初!安戸池の釣果は・・・

安戸池の水中

今回は5月の平日に釣行しました。

日暮れ前に現地到着。

既に何名か場所取りをされています。

(安戸池は堤防や磯のようにクーラーなどで先着順に場所取りできます)

マイクロベイトが岸辺を泳ぎ、さらにはマダイの群れの回遊も目視で確認できました!

あとはクサフグ、ベラ、ハゼなど。

生命感でいっぱいの釣り場です。

6:00に受付を済ませ、7:00の釣り開始時間を待ちます。

6:30頃は池の中央付近で青物のボイルあり。

もっと岸辺に寄らないかな〜と思っていたら、6:55頃に水門脇で大きなボイル!

潮は上げ潮、天気は薄曇りのローライト。

これは期待できそう!

しかし、結果は坊主・・・。

全体としては釣り人は10人ほど、午前の部では2人が1尾ずつ青物を上げていました。

ボイルは8:30頃まで置き、それまでに1尾。

その後は10:00頃に単発の回遊があったのか1尾。

自分の入ったポイントは海藻がすごくて、何を投げてもほぼ100パーセント途中で海藻が絡まりつきました。

6月に入ると、釣果も上向きそうですね。

安戸池とコンビニ事情

高速引田ICから安戸池への道のりには、途中コンビニがありません。

少し遠回りして、引田駅付近のコンビニに寄ることになります。

釣り場で「パンやおやつを食べたいな〜」という場合は、事前に購入していったほうがベターです。

安戸池の管理棟には飲み物の自動販売機くらいしかありません。

一応、食堂も併設されており年末年始以外は営業とHPに書いてありますが、5月平日の今日はお休みでした。

以上、「安戸池で青物釣り!ショアジギングとその釣果について」でした!

安戸池

おすすめ記事セレクション!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

POSTED COMMENT

  1. 壱号 より:

    私もオープンした当時、高松道もなかったので国道を使って3時間近くかかって行ったことあります。メディアの情報と現実とは全然違っていて、その日は大勢のお客さん全員坊主。時間切れの前に、全員順にボートに乗せられて池の中央付近まで連れていかれました。そこで別のボートに乗った職員がペレットを撒いて、それに狂ったハマチの群れをめがけて客はそれぞれルアー投げて全員に1匹釣らせて終了。お金を払う管理釣り場ってそういうものだと思いますが、釣りは自然を読むことが大事だと思うので、もう行くことはないかなーと思います。以上、私の体験でした。

    • suzushige より:

      なかなか衝撃的なオープンだったんですね。
      ボートは配慮だったのかもしれませんが、釣り人としてはなかなか心中複雑ですね・・・。
      現在は「確実に魚がいる池」として完全放置となり、全員ボウズ↔︎5割安打など日ムラがありより普段の「釣り」に近くなっているのかもしれません。
      お金を払っているからか、宝くじを買っているような気分として楽しめました。
      シーズンのハシリの竿慣らしにどうかなと思いましたが、管理釣り場とはいえやはりハシリは難しいですね(爆)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA