アジング熱いです、2月なのに

今年は水温が高いからか、淡路島でもロングランでアジが釣れてますね。

昨年のこの時期は水温9.7度。年間を通して最も低水温でした。

しかし、今年の水温は11.1度。1度以上も違うわけですね。

「魚にとって水温1度の変化は人間にとって気温4度の変化に相当する」と言われていますので、やはり今年は高水温なわけです。

そんなわけで、夕まずめの漁港にアジングに行ってきました。

ただ巻き>フォール

日が沈む頃から、漁港の水面にパチャッパチャッと何かのライズ。

時期的にメバルのアミパターンが濃厚かな?と思いつつも、プラグを忘れたので1gのジグヘッドを5カウント沈めてただ巻き。

ググッといいアタリで持っていったのは18cm前後のアジでした。

個体によって飲んだアタリとショートバイトの差が激しく、チューブラーのCRS702では結構な割合で弾いてしまいます。

アシストフックを付け、なんとか拾えるようになりました。

少しずつ立ち位置を変えつつ、アジを探していくイメージです。今日はフォールよりもただ巻きの方がよくアタリました。

結果、1時間ほどで6HIT3バラシ、小メバルと小ガシラのおまけ付きでした。

慣れた人が手返しよく釣れば倍くらい釣れそうな雰囲気でした。

2月に釣れたアジ201602

アジの胃の中は?

ストマックポンプで調べてみましたが、メバルやガシラも含めどの個体も胃の中は空っぽでした。

ちょうど夕まずめの捕食の時間帯にエントリーできたのかもしれません。

使用したワームはガルプだったのですが、なんとなくガルプはアミパターンにも強い気がしています。

HITルアー

メバル弾丸1gとガルプのベビーサーディンと鬼爪

・メバル弾丸 1g

・ガルプ ベビーサーディン チャートイエロー

・サポートフック 鬼爪 S

今回、ガルプはちぎって短くしてから使用しています。

ガルプのピンテールの先にちょうど鬼爪が配置され、いい感じでした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA