淡路島洲本「更科」はパワー系蕎麦屋だった!!

淡路島洲本の蕎麦屋「更科」に行ってきたのでその実食レポです!

さっぱり通に蕎麦を楽しむもよし、がっつりパワー系の定食を楽しむもよし、振り幅が魅力的なお蕎麦やさんでした。

淡路島洲本の蕎麦屋「更科」

お昼時、駐車場はいつも混雑。

休日は車を停められないことも。

それが淡路島洲本の蕎麦屋「更科」です。

店内は4人掛けの座敷が3卓、テーブル席はたくさん。

ざっと50人は一気に入れそうな広さです。

淡路島「更科」のメニュー

メニューはそば、うどんに始まり丼モノや定食モノも豊富です。

お客さんのオーダーを聞いていると、「かつ玉定食」「みそかつ定食」がよく出ています。

聞いた話、肉カレーうどんはものすごいボリュームらしい・・・。

こりゃ正統なお蕎麦やさんというよりは、パワー系の定食屋みたいなラインナップだな・・・。

淡路島「更科」の天ざるそばを実食!

そうはいっても、こちとら蕎麦をいただきにきたんでい!

ということで、天ざるそば(1,280円)をオーダー。

う〜〜んもうなんといいましょうか、お皿がトレイに乗り切っていないといいましょうか。

まずはざる蕎麦。何もつけずにズズズといただきます。

美味しい!

なんかダルダルの蕎麦を覚悟していただけに驚き。

勝手にハードル下げていて実質はフツーというわけでは決してなく、蕎麦の爽やかな風味が活きているといいましょうか。

お見それしました。

天ぷらは意外とフリッター風でした。

これはこれで美味いんですが、やっぱり衣がトガッたサックサクの天ぷらが食べたかった気も。

にしてもボリュームは抜群。

海老3本に、玉ねぎ2つ、かぼちゃ1つにいんげん1つという布陣。

う〜ん、ここまでお蕎麦が美味しいんだからフリッターじゃなくて天ぷらとして堪能したかった・・・!

蕎麦つゆは濃口醤油、たまり醤油、みりん、鰹と昆布の合わせ出汁。

締めはとろりとした蕎麦湯をいただきましたが、この出汁と蕎麦湯にレモンを絞るとまた爽やかに。

レモン蕎麦湯という新しい文明が開花した瞬間でした。

▼▼▼

蕎麦も美味しかったですが、やはり人気の定食は気になるところ!

また再訪したいお店の一つとなりました。

あ、ホールのおばちゃんは怒ってるのかと思うくらい愛想がなかったです。

が、それまたご愛嬌。

以上、「淡路島洲本「更科」はパワー系蕎麦屋だった!!」でした!

更科 – 洲本市その他/そば [食べログ]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA