圧倒的ボリューム!南あわじ中華「桃仙」ランチ実食レポ!

桃仙の八宝菜定食with台湾ラーメン

淡路島は南あわじの中華「桃仙」で満腹ランチしてきたのでその実食レポです!

圧倒的・・・破壊力・・・

質、量ともに相当なパワーランチになります。

南あわじの中華「桃仙」のメニュー

桃仙の定食メニュー

定食は780円〜980円で10種類のラインナップ。

ラーメンの種類は台湾・とんこつ・醤油の中から1つチョイスできます。

また、ライスはおかわり自由!

ラーメンでライス1杯、おかずでライス1杯、デザートでライス1杯、ライスでライス1杯、もう心強くてしょうがないですね。

ちなみに、定食は平日限定のメニューです。(土日はありません)

南あわじ「桃仙」の八宝菜定食with台湾ラーメン、実食!

じゃん。こちらが桃仙の八宝菜定食with台湾ラーメン(880円)です。

桃仙の八宝菜定食with台湾ラーメン

控えめにいっても1.5人前、正直2人前くらいありますね。

少食の人は泣き出してもおかしくないボリュームです。

サラダに蒸し鶏、ザーサイにデザートの寒天ゼリーまで。

完璧な布陣です。

こちらは台湾ラーメン。

桃仙の台湾ラーメン

ニラの風味が豊かな一杯です。

スープはとんこつ醤油ベース?でピリ辛な味付け。

もやしの上にピリ辛な肉味噌がオンされているので、これをスープへくずしながらいただいていくと、いい感じに辛味が広がっていきます。

麺はもちもちでコシがあり、「いわゆる中華屋のラーメンの麺」で片付けるにはもったいないレベル。

今回は定食なので、麺が伸びてしまう前に先に片付けてしまいます。

残ったスープは、定食のスープとして楽しむこととします。

八宝菜は塩ダレ(あん)が絶品!

桃仙の八宝菜

こりゃ絶対ご飯にかけて食べたくなるよな〜というテイスト。

具材はホタテにエビ、ヤングコーン、キャベツ、チンゲン菜にマッシュルームまで。

野菜たちのシャキシャキ感と、エビのプリプリ感、ホタテやマッシュルームのくったり感が絶妙に口の中でハーモニーを奏でます。

熱々なので、火傷には要注意です。

ある程度食べ進めたら、ラー油でコクと辛味をプラス。

仕上げに、お酢でまろみと酸味をプラス。

調味料を加えるごとに、様々な表情をみせる一品です。

塩ダレ(あん)はライスにかければ中華丼に。

完璧なコンボです。

アップ写真はありませんが、冷製蒸し鶏はやわらかさっぱり。

お酒のアテにもサイコーだろうな〜。

ザーサイも五香粉が効いており本格的です。

南あわじ「桃仙」の麻婆茄子定食withとんこつラーメン、実食!

桃仙の麻婆茄子定食withとんこつラーメン

こちらは、麻婆茄子定食のとんこつラーメンセット(880円)。

桃仙のとんこつラーメン

とんこつラーメンは・・・まあ、台湾ラーメンのほうが好きでした。

もやしはシャキシャキでした。

個人的に激押しなのがこの麻婆茄子。

桃仙の麻婆茄子

コックリして深みのある餡に、とろっとろのナス。

あとから追いかけてくる辛味と、やがてじんわりと口の中に広がる旨味。

これは一言でいうところの・・・ゴハンが進むヤツです。

ラー油で辛味を足してもよし、お酢でコクとまろみを加速させてもよし。

もちろん、ゴハンをお代わりして残った餡をかけ、マーボー丼にするのもまたよしです。

▼▼▼

ラーメンと1品おかずの組み合わせで、さまざまなバリエーションを楽しめる桃仙のランチ。

向かうときは、腹ペコ推奨です。

以上、「圧倒的ボリューム!南あわじ中華「桃仙」ランチ実食レポ!」でした!

桃仙

こちらの記事もよく読まれています

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA