タックル

【追記あり】手ぶらで旬撮カメラBLINCAM(ブリンカム)はウインクで写真が撮れる!

ウェアラブルカメラ「ブリンカム(blincam)」

【2016年11月追記】2017年ヒット予測ベスト3の「手ぶらで旬撮カメラ」ってこれ!?

見たままの世界を写真に撮れたらなーって思ったことはありませんか?

これから発売されるウェアラブルカメラ「BLINCAM」は、まさにそれができてしまうらしいです。

これが本格発売されたら、釣りのファイトシーンとかかなりエキサイティングでフォトジェニックな写真が撮れとれになってしまうのではないでしょうか(興奮気味)。

手ぶらでOK、カメラを構える必要がないっていうのは 革新的ですね。

ウェアラブルカメラ「BLINCAM」(ブリンカム)って?

写真のように、メガネに装着する小型カメラです。

ウェアラブルカメラ「ブリンカム(blincam)」出展:makuake / BRINCAMINC

ウインクでシャッターが切れるようになっています。

「見たままの世界を切り取る」が売りみたいですね。

ウェアラブルカメラ「ブリンカム(blincam)」出展:makuake / BLINCAMINC

まだ発売はされていませんが、結構臨場感のある写真が撮れそうです。

「BLINCAM」(ブリンカム)は釣りで使える?

ズームもなければ高性能レンズでもない。ただ、「見たままの瞬間を切り取ること」に重きを置かれています。

現段階では画素数は500万画素(調整中)とのこと。iPhone4と同程度ですね。

(ちなみに、iPhone6Sは1,200万画素とのこと)

アジのある写真であれば、そこまで画素数も気になりません。何より、技術の進歩でどんどん高画素数になっていくので、このBLINCAMも日を追うごとに高画質になっていくでしょう。

ただ、気になるのはその防水性能。

釣りでは、急な雨にあったり水辺に落としたりすることも懸念されるので、ある程度の防水性能は保障されてほしいですね。

欲をいうなら、耐衝撃性能も欲しいけれど、そこまでは高望みしすぎかな・・・。

「BLINCAM」(ブリンカム)の発売予定日と予定価格

発売予定日は2016年12月〜2017年1月頃となっています。

価格は19,800円とのことですが、今なら10%オフで先行予約できちゃうみたいです。

予約や詳細確認はクラウドファンディングサイト「makuake」のBLINCAMページからどうぞ。

個人的な所感(旬撮カメラの先駆けかも)

新しもの好きってのはあるんですが、めちゃくちゃ気になります。

年末〜年明けのリリース後のレビューを読み込んで、よさそうだったら検討しようかな・・・。

かなり釣りシーンとかでも使える気がするんですよね。

もし、皆さんの中で買われたら使用感教えてください・・・!

【2016年11月追記】2017年ヒット予測ベスト3の「手ぶらで旬撮カメラ」ってこれ!?

日経トレンディが選ぶ「2017年のヒット予測ベスト30」の第3位に、「手ぶらで旬撮カメラ」という商品がランクインしていました。

気になって「手ぶらで旬撮カメラ」という単語で 検索してみましたが、なかなかちゃんとした商品はヒットせず・・・。

どうやら、ウェアラブルカメラで、手に持って撮影する必要がないものを指すようです。

まさに、当記事のBLINCAMがそれにあたるのでは!?

ということで、来年のヒット商品になるかもしれませんね・・・!

以上、「手ぶらで旬撮カメラBLINCAM(ブリンカム)はウインクで写真が撮れる!」でした!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA