【夏チニング@淡路島河川】トップルアー(ポッパー)でゲット!

淡路島の河川でトップチヌゲームをしてきたのでその実釣レポです!

夏の日中は暑いので、涼しい朝まずめの1時間を狙って朝練してきました。

セミの声を聞きながら河川でキャストを繰り返していると、なんだか部活みたいですね。

まずは河口にエントリー

今回は中潮の下げのタイミングだったので、シャローになっているであろう河口付近にエントリーしました。

到着してみて、「あれ?思ったほど水位が下がってない」と気づきました。

できればもうちょっと水位がさがっていればいいな~とは思いつつ、河口の水門周りは地形に変化が大きいので、とりあえずキャスト。

ポッパーを投げると、川の流れが強くぐんぐんと下流へ流されます。

トゥイッチしてステイ、の繰り返しですが、川の流れが強くステイさせたくてもドリフトしてしまいます。

う~ん。チヌをドリフトで釣るイメージが湧かない・・・。

ということで、スイッシャーでただ巻きしたり、小型鉄板バイブで早巻きしたりとローテーションしますが、ノーリアクション。

10cm程度に成長しているボラの群れは見えるんですが・・・。

30分程度でこの場所を見切って、上流の河川エリアへ移動することにしました。

上流河川で正解!シャローに見えチヌいるわいるわ

少し上流まで上って、また水門近くにエントリー。

水門近くは底が大きくえぐれて深いところと浅いところの差がはっきり出ます。

浅いシャロー帯を散歩がてら岸沿いにパトロールしていくと、いるわいるわチヌが見えます。

チヌトップのシャロー攻め

写真のように浅いところにも、岸壁際にピタッとくっついていました。

自分の影や足音に気づかれ、バシャバシャッ!と流心へ逃げられてしまいましたが。

「こりゃすごい!」とテンション上がって護岸際をうろうろしていると、たくさんのチヌが流心へ向かって逃げていきます。

う~ん、場所を荒らしてしまったか。

しかし、このあたりのエリアは一定数の魚のストックはあるみたい。

ということで、「流心にいるかもしれない&人に気づいていないチヌ」を狙うことにしました。

幾度のバイトの末にヒット&キャッチ!

流心を狙って、川の流れに対して垂直にポッパーをキャストします。

流れに乗せて、小さなトゥイッチ→2秒ほどドリフトさせながら岸際にポッパーを寄せてきます。

ポッパーが流心から外れて、ほとんど流れがなくなったトロ場(浅瀬)で執拗に小さくトゥイッチ。

すると「パシャ」という捕食音がするではありませんが!

もひとつ小さくトゥイッチ。

パシャ。

さらにもひとつ小さくトゥイッチ。

パシャ。

・・・完全に追ってきてる!

しかし、捕食が下手なのか全く乗らない。

チヌの捕食スイッチは確実に入っているはずなので、ドッグウォークでパニックアクションをさせた後、長めのステイ。

パシャ。

ググッ!

乗ったッ!

ロッドにしっかり重みが乗ったところで、グイッとアワセ。

体高があるので、引き味もなかなかです。

上がってきたのはこちら。

チヌ

20cm程度のチヌでした。関東ならカイズサイズですね。

縦縞に銀ぴかの魚体が綺麗です。

気になる口元の様子はこちら。

チヌとジャッカルのSK-POP(ピンクバックシケイダー)

口元にはフッキングしているものの、上くちびるの外側からかかっています。

サイズも小さかったので、うまく口元にフックが入らなかったのかもしれませんね。

小さいながらも1本は1本。モノにできてよかったです。

まだ魚影は濃そうな雰囲気でしたが、暑くなってきたので後ろ髪を引きつつ納竿としました。

 

本日のタックル

●ロッド:GlamourRockFish TR85 PE Special houri island(ブリーデン)

●リール:ナスキーC2000(シマノ)

●ルアー:SK-POPソルトバージョン(ジャッカル)

今回のヒットルアーも、ジャッカルのSK-POP。

前回のキビレに引き続き、お守りルアーです。

キビレ

あわせて読みたい!

 

以上、「【夏チニング@淡路島河川】トップルアー(ポッパー)でゲット!」でした!

おすすめ記事セレクション!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA