釣り用フィッシングプライヤー徹底比較!おすすめはコレ!

釣り具で大事なものは色々ありますが、その中でも大事なアイテムはずばりフィッシングプライヤー(釣り用ペンチ)ではないでしょうか?

糸を切る、釣った魚をキャッチする、魚から針を外す、フックを交換する、etc…

魚釣りにまつわる様々なシーンで活躍するアイテムです。

今まで使っていた安いフィッシングプライヤー(釣り用ペンチ)が錆びたり鈍ったりと大分くたびれてきたので、新しいものに買い替えようと思い、あれこれ調べてみたことをまとめてみます!

【サイズ】フィッシングプライヤー(釣り用ペンチ)のサイズを考える

自分は、主に海釣りで使用します。

海釣りのジャンルとしては、ルアー釣りメインでライトゲーム~ショアジギングまで。

小さい魚でガシラなどの根魚やアジなどの回遊魚。10cm〜30cmくらい。

大きい魚でシーバス、青物。50cm〜80cmくらい。

扱いに注意が必要な魚でタチウオ(歯が鋭い)やアカエイ(尻尾の毒針が危険)といったところでしょうか。

錆びにくくて、10cm程度の小型の魚にも使いやすくて、かといって80cmクラスの大型の魚にも対応できる、そんなフィッシングプライヤー(釣り用ペンチ)を探していました。

これまでは15cm(約6インチ)程度のノーブランドのフィッシングプライヤー(釣り用ペンチ)を使っていました。

それでアジングからシーバスまで対応できていたので、理想は同サイズのフィッシングプライヤー(釣り用ペンチ)が欲しいですね。

初代フィッシングプライヤー(釣り用ペンチ)は錆び錆び。錆びないものがほしい

これが長年の使用でくたびれてしまった釣り用ペンチ(フィッシングプライヤー)です。

使い勝手は悪くなかったんだけどな・・・。

錆びてしまって開閉、切れ味などヘロヘロで、一軍としてはちょっと使い勝手が悪くなってしまいました。

PEラインの切断に非対応だったのも、何気にかなり不便でした。

【機能】釣り用ペンチ(フィッシングプライヤー)に求める3つの条件

過去の経験を踏まえて、フィッシングプライヤー(釣り用ペンチ)に求める条件を3つにまとめてみました。

1.PEラインを切断できるフィッシングプライヤー(釣り用ペンチ)であること

ルアーフィッシングではPEラインが主流です。

しかし、PEラインは製法(編み込み)が特殊なため、専用のPEラインカッターでなければ非常に切断しにくい。

小型のPEラインカッターを別に持っていたので、「釣り用ペンチ(フィッシングプライヤー)でPEラインを切ることはあんまりないや~」と思っていたんですが、意外とペンチでPEラインを切断する(したい)シーンって多いんですよね。

そのたびにゴソゴソと専用の小型カッターを取り出していましたが、それももう煩わしいな、と。

釣り用ペンチ(フィッシングプライヤー)でPEラインを切りたいな、と。

というわけで、「PEラインを切断できること」というのが、まず一番に求める条件です。

2.軽量な釣り用ペンチ(フィッシングプライヤー)であること

冒頭でも述べた通り、釣り用ペンチ(フィッシングプライヤー)は様々な場面で活躍するため、基本的に肌身離さず持っています。

で、重たいとしんどいんですよね。

ランガンするときも負担になるし、テトラポッドを飛び移るときも地味にしんどいです。

よって、「できるだけ軽いこと」というのが二番目に求める条件です。

3.落下防止ランヤードコードが付けられる釣り用ペンチ(フィッシングプライヤー)であること

釣り用ペンチ(フィッシングプライヤー)は様々なシーンで使うため、落下や置き忘れがどうしても発生しがちです。

テトラポッドに落としたり、小磯に置いてきてしまったり・・・。

消耗品の一つかもしれませんが、ロストしてしまうとお財布にも地球にも優しくないですよね。

ということで、落としたりなくしたりしないように、ランヤードコード(ゴム製のらせんひも)がつけられるタイプがいいな~。

というわけで、「落下防止ランヤードコードが付けられること」が三番目に求める条件です。

【比較】条件を満たす釣り用ペンチ(フィッシングプライヤー)を比較してみた

色々求める条件を出しましたが、まとめると次のとおり。

「6インチ(15cm程度)くらいのサイズで、PEラインが切れて、軽くて、落下防止ランヤードコードがつけられること」です。

調べてみると、大体3社の製品が挙げられたので、それぞれ特徴を比較してみました。

1.Rapara(ラパラ)の6インチアルミニウムプライヤー

まずは世界のラパラから。

6インチアルミニウムプライヤーです。

ランヤードコードが付属しており、高性能タングステンブレードラインカッターでPEラインのカットにも対応とのこと。

かなり良さそうですが、大変残念なことに、重量表記がされていません・・・。

アルミニウム合金を採用し、軽量化

と公式ホームページで謳っているわりには、肝心の重さの表記がない。

しかも、問い合わせ先がよくわからない。

しょうがないので、意を決してフェイスブックページで問い合わせても、スルーされました。

惜しいです。惜しい。

他の釣り具メーカーはSNSでユーザーとの交流を結構促進しているのに。

製品レベルは世界水準でも、ユーザー対応においてはあくまで外資系企業、ということでしょうか。

よって、これはちょっと見送り。

2.belmont(ベルモント)のマルチPEプライヤー160S

続いての候補は、belmont(ベルモント)のマルチPEプライヤー160Sです。

ランヤードコード(ゴム製のらせんひも)はデフォルトで付属していませんが、グリップの先に穴があるため、後で取付できそうです。

PEラインのカットにも対応。

重量は90g。

ずんぐりむっくりしたシルエットですが、かなり良さそうです。

これは要検討。

3.kahara(カハラ)の6インチ アルミプライヤー スリムタイプ

最後はkahara(カハラ)の6インチ アルミプライヤー スリムタイプです。

落下防止用ランヤードコードはデフォルトで付属。

タングステンスティールカッター採用でPEラインの切断もOK。

重さは・・・ベルモントよりも軽い71g!

ようやく、すべての条件に合致する釣り用ペンチ(フィッシングプライヤー)が見つかりました。

ということで・・・

【結論】kahara(カハラ)の6インチ アルミプライヤー スリムタイプを買ってみた

で、実際にamazonで購入してみました。

送料を考えると、楽天よりも割安ですね。

すぐに使いたかったので、注文後すぐ発送されて助かりました。

かなり軽量で満足しています。

またしばらく使ってみた後で、インプレしてみたいと思います!

以上、「おすすめの釣り用プライヤー比較&カハラを買ってみた!」でした!

おすすめ記事セレクション!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA