エリアトラウト

白河フォレストスプリングス2023年10月釣行レポ!

白河フォレストスプリングスに行ってきたのでその実釣レポです!

秋らしさもあり、夏らしさもあり。

良好な天候に苦しみましたが、夕マヅメには楽しめた釣行でした!

当日のコンディション

天気は快晴からの曇り。風はほぼ一貫して無風。

釣行時間は7:00〜12:00、小休止を入れてからの15:45〜17:00。

気温は9度から23度まで上昇し、日中は半袖で過ごせる夏日のような暑さ。

水温はポンドによって13度や15度と、高めの印象です。

7:00-8:30/ファーストポンドのインレットは大不発

当日は非常に出足が遅く、6:30の時点で駐車場には車が3台しかありませんでした。

ほぼほぼガラガラだったので、ちょっと欲を出してファーストポンドのインレットに入ってみました。

が、見える魚が見える範囲で全然いない!流れの沖にはいたのかもしれませんが、ガラガラのインレットです。

よって、もうとにかく苦戦。朝イチのゴールデンタイムは渋々の状況(というか魚が不在?)で、8:30には早々に見切りを付けて移動しました。

8:30-12:00/あの手この手でお茶を濁す

水温は13〜15度とまだ高いため、イロモノの産卵にもまだ早いようです。

水温10度以下になるとブルックトラウトは産卵行動をとるようになるとか

フレッシュなブラウンを見つけて、目の前にミニマルを落とせば丸呑みバイト。

産卵期のミノーイングには もうちょっと時間が掛かりそうですね。

セカンドのインレットもガラガラで虚無だったので、魚の付き場を探してウロウロ。

マイクロスプーンでショートバイトをポツポツ。ちょっと夏っぽいパターンのようですが、インレットに魚が溜まらなくなっているので秋らしさもあり。

夏から水温が下がり、溶存酸素量が増えポンド内を魚がウロウロしている感じでしょうか。

そんなこんなでポンド各所をウロウロするも、結局はセニョールトルネードで1匹絞り出して午前の部は終了です。

created by Rinker
ZacT craft(ザクトクラフト)
¥500
(2024/02/13 22:13:46時点 Amazon調べ-詳細)

こりゃ、夕マヅメまで出番はないな…と小休止することに。

ちなみに、各ポンドのアウトレット付近ではフライマンさんならポツポツヒットを重ねていました。

15:45-17:00/夕マヅメからはブラウンが高活性!

ということで、夕マヅメから再びイン!

午前中と同様、マイクロスプーンでバイトを得られたのでカラーを茶色から銀色に変えるとブラウントラウト登場!

バイトがあっても掛からなかった時は、再び同じコースを通せば同じようにバイトしてくれる素直さに癒されます。

そろそろトップタイムなのでは?とデカミッツドライを試すもクリーンなバイトは得られず、お試しで投入してみたのはバーブルボア。

created by Rinker
ムカイ(Mukai)
¥1,179
(2024/02/13 22:13:47時点 Amazon調べ-詳細)

スプラッシュ系でこれまで釣果はなかったんですが、スプラッシュ→ステイ(食わせの間)を繰り返しているとバシュッ!と出ました!

ブラウントラウトは根魚のようなイメージだったので水面まで激しく食い上げてくるイメージはあまりなかったんですが、活性が高ければイワナのように食い上げアタックしてくるのかもしれませんね。

そうこうしているうちに、あっという間にラスト30分。

ブラウンは楽しめましたが、レインボーの顔がみたいな〜とアルミん5gをチョイス。

それでもヒットしたのはブラウントラウト、黒金と青銀で1本ずつでした。君たち、どれだけ活性高いねん。タハー。

ブラウントラウトはちょっと大きめのルアーでも果敢にバイトしてくれるので、白河フォレストでは釣りやすいターゲットなのかもしれませんね。

今日の教訓と今後の展望

午前中は鬼のように厳しい展開でしたが、夕マヅメになると高活性なブラウントラウトが遊んでくれました。

おそらく、午前中は各インレットなど一ヶ所のポイントで粘りすぎていましたが、足を使って相対的にやる気のある個体を探していく展開の方が良かったのだと思います。

午後は水温と光量減少からブラウンの活性が上がったようなので、もっと早く気づいて専門に狙っても面白かったかもしれません。

これから紅葉が進み、水温が12度くらいまで落ちて安定するタイミングがあればレインボーも楽しめそうです。

白河フォレストスプリングス

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です