シーバス

ライズ多発ポイントでのシーバス攻略!えっ、表層じゃないの?

サイレントアサシン99fで釣ったシーバス50cm(2018.12)

昨年末のシーバス釣行記、少しずつちょこまかとアップしていきます〜。

夕マヅメはtklm80でチェック

場所は河川、時期は12月下旬、タイミングは夕マヅメから夜間。

チョイスしたルアーはtklm80のチャートオレンジベリー。

TKLM80チャート

ここを通せばシーバス出るだろう・・・というコース。

秒1回転のスローリトリーブに、時折トゥイッチをまぜます。

tklm80はトゥイッチ後、少しステイさせると水中にサスペンドします。

あえての焦らし系ステイの時間を長めにとると、急浮上シーバスによる丸見え反転バイト!

サイレントアサシン99fで50cmシーバスを釣る直前にtklm80チャートオレンジベリーをラインブレイクされたときの手とライン(2018.12)

そのままスナップをブチ切られて終了・・・。

スナップとリーダーの結束、甘かったッス。

応援するブレザー姿の女性(人)
シーバスのバラシを減らすには?パターンを体系化して対策を練るぞ!これまで散々バラしてきたシーバス。 どうすればバラシを減らせるのか?キャッチ率が上がるのか? バラシも数を重ねればパターン化...

レンジを入れるとヒット!

tklm90にセットし直して、別のポイントをトレース。

オープンエリアのカケアガリへダウンクロスにキャストし、秒1回転でリトリーブするとゴン!ゴン!というアタリ。

しかし、乗らず。

レンジが浅すぎるのかな・・・。

時折、パシャッ!ジュボッ!という単発のライズが聞こえます。

ライズがあるということは、レンジはやっぱり表層?

ということで、フラペン85シャローやtklm120でくまなく探るも反応なし。

レンジを入れて探りたかったものの、tklm90spやtklm80は手持ちの弾が切れている状態。

ロール系で一番レンジが入りそうなルアーは、手持ちのサイレントアサシン99F。

サイレントアサシン99f

このイワシ系カラーを放り込み、秒1回転でリトリーブしてくるとグッ!という重み!

青物のようにギュンギュン走り回るファイトをいなしてかわして寄せてきます。

サイレントアサシン99fで釣ったシーバス50cm(2018.12)

サイズは50cm,小顔のスプリンタータイプのシーバスでした。

リアフックが上唇に掛かっており、追尾してきてバイトした模様。

サイレントアサシン99fで釣ったシーバス50cm(2018.12)

ライズにちょっと惑わされましたが、レンジを入れて正解でした。

潜行レンジは30〜80cmと、サブサーフェスルアーよりもちょっと深く潜らせたいときに活躍します。

以上、「ライズ多発ポイントでのシーバス攻略!えっ、表層じゃないの?」でした!

インスタグラムでも30日以上連続で釣果情報発信など実施中!

インスタグラム→スズキシゲハル@淡路島ライフ

気になった方は、ぜひフォローしてくださいね!

初心者でもシーバスが釣れる!名作TKLM90シリーズをインプレ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA