【淡路島サーフ】ルアーで狙え!チヌトップゲーム!

セミの鳴き声もスズムシの鳴き声に変わり、季節も夏から秋へと移り変わろうとしています。

が、しかし日中はまだまだ暑い!9月下旬でも南からの湿った風の影響で、気温は30度手前です。

そんな中、チヌトップゲームを楽しんできたのでその実釣レポです!

チヌのポイント探し。風裏はどこだ!?

もともと、青物をチェックしたくて朝マズメに向けて出発。

南向きの堤防にエントリーする予定でしたが、南からの強い風(3m)と昨夜の集中豪雨で海中はカフェオレ色。

カフェオレ色の海から青物を抜き上げるイメージが湧かず、またアオリイカも見込みが薄そう・・・。

ということで、ミノーとエギを数投して反応ないことを確かめ、風裏を探しました。

風裏は潮が澄んでいる

北向きのサーフは潮が澄んでいたため、見込みありと思いエントリー。

数日前はベイトが寄ってカモメが海面をうろついていましたが、今日はベイトの気配が薄い。

どこぞでナブラが立つかもしれないと思いつつ、チヌのトップゲームを開始しました。

トップウォータープラグ「クロナッツ67」をチョイス

ルアーはタックルハウスから今年リリースされた「クロナッツ67 」をチョイス。

タックルハウスのクロナッツ67

最近はまだベイトが小さいため、これくらいのサイズ感で狙ってみます。

盛夏も終わり、秋の気配が色濃い9月中旬ですが、まだトップに出るでしょうか?

ドッグウォークでチヌのバイト!

クロナッツ67を投げ、こまかくネチネチとドッグウォーク開始。

真横へのスライドアクションが得意なので、丁寧に攻められます。

オレンジのヘッドは視認性が良くていいですね。

数投目、海面がモワッと盛り上がり、「追ってきた!?」とドッグウォークを続けるとバシャッ!とバイト。

ロッドに重みがしっかり乗ったところで、グイッとアワセを入れます。

ごつん!ごつん!と首を振りながら下へ下へと突っ込むようなファイト。

チヌだ!

上がってきたのは、36cmのチヌです。

チヌトップで出たチヌ36cmとクロナッツ67とドレスのデリンジャータフ

銀ピカの魚体が綺麗ですね。

チヌ36cmとタックルハウスのクロナッツ67

その後、小魚がクロナッツ67を執拗に追いかけてきては反転していきました。

場所的にメッキかな?

今年のメッキは数が少ないみたいですね。

1時間きっかりの釣りだったので、この1枚で納竿としました。

台風16号以降は、青物やサゴシが上向いてきているようです。

夏の釣りと秋の釣りが楽しめる、いい季節ですね。

以上、「【淡路島サーフ】クロナッツ67でチヌトップゲーム!」でした!

おすすめ記事セレクション!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA