メバル

2019年淡路島春メバルサーチ!アミ系、ショートバイト多し!

メバル20cmとガルプミノーとスモウヘッド太0.6g(2019.3)

桜が咲くまで釣りはお休みと思っていましたが、今年は暖冬ということで気の早いメバルが動き出してないかな?とちょっとサーチ。

1時間程度の夕マヅメメバリングに行ってきました。

穏やかな春の夕暮れ、シャローエリアにエントリー

時期は3月上旬、大潮満潮が絡む夕マヅメ。

メバル3枚とガシラを釣ったシャロー(2019.3)

場所はシャロー。遠浅のゴロタサーフです。

メバル3枚とガシラを釣った日の空(2019.3)

空はまったり、あ、飛行機雲。

タックルセッティングはフロートリグで

フロートリグぶっ飛びロッカーⅡ

タックルセッティングは、フロートリグで。

アルカジックのぶっ飛びロッカーに、リーダー1.5mをとり、スモウヘッド太0.6gにガルプミノーをセットして様子を見ます。

過去、デカメバルを連発したセッティングです。

日暮れとともにメバルの時合い突入!

日没とともに時合い突入!

メバル18.5cmとガルプミノーとスモウヘッド太0.6gとランガンライブウェル(2019.3)

1枚目は18.5cm。小さい・・・。

立て続けにヒットした2枚目も金太郎飴のような同サイズ。

メバル18.5cmとガルプミノーとスモウヘッド太0.6gとランガンライブウェル(2019.3)

その後、連続して2回バイトがあるもキャッチには至らず。

ヒットパターンからメバルの捕食傾向を探る

ヒットパターンからメバルの捕食傾向を探ります。

キャスト方向・・・潮上(アップクロス)のみ反応あり。

正面(クロス)や潮下(ダウンクロス)ではバイトを得られず。

リトリーブスピード・・・秒1/4回転のデッドスローリトリーブがもっとも反応あり。

大潮なのでほぼラインメンディングだけしているような、ドリフトの釣り。

キャスト方向、リトリーブスピードを揃えて得られるバイトは非常にショート。

コッ!という居食いのようなアタリが多く、スイープに合わせてもファイト中にバレやすい。

クイックなアワセが必要。

フッキングも浅く、2回ほど足元まで寄せてからのフックアウトもあり。

潮上からのドリフトにのみ出る微細なアタリ、掛かりの浅さから察するに・・・メインベイトはプランクトン系の流下ベイト。

パターンを想定できれば、比較的再現しやすいのがこの釣りの面白さ。

メバル20cmとガルプミノーとスモウヘッド太0.6g(2019.3)

ちょっとマシなサイズになったと思いきや、またしてもアンダー20cm。

メバル19.5cmとガルプミノーとスモウヘッド太0.6gとランガンライブウェル(2019.3)

これからこれから!と思いきや、忍び寄る謎の小舟・・・。

メバル3枚とガシラを釣ったシャローと灯りの小舟(2019.3)

何を獲っているんでしょうか?

フロートで探るエリアを灯りで煌々と照らされ、自分の活性が下がったので納竿としました。

リザルトは1時間でメバル3枚

数ヶ月のブランクありつつ、ボウズを逃れたならよし!

メバル18cm〜20cm3枚(2019.3)

本来は20cmアップしか持ち帰りたくないところですが、初物として美味しくいただきました。

胃袋からは小魚ベイトは出てこず、ほぼプランクトンを捕食していたようです。

メバル19.5cmとガルプミノーとスモウヘッド太0.6g(2019.3)

ガルプは小魚〜アミまで幅広いパターンに対応できるのが魅力です。

 

以上、「2019年淡路島春メバルサーチ!アミ系、ショートバイト多し!」でした!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA