グルメ

淡路島福良のそうめん専門店!?「ら福」でランチしてきたよ!

ら福の淡路牛にゅうめん

淡路島の漁師町 福良の名産「そうめん」を主役にしたお店が2019年末にオープン!

スズシゲ
スズシゲ
そうめんはメインになるのか!?攻めてる!気になる!

ということで早速行ってきました!

ら福の外観&店内

ら福の外観

場所は淡路島の南端の福良、ローストビーフ丼でコーヒーショップ「ジロ・デ・アワジ」の真横にあります。

店内は通常のテーブルのほかに、一風変わった円卓も。

ら福の店内

なんでも流しそうめんが楽しめる卓だとか!

スズシゲ
スズシゲ
なんとエンターテイメント!

店内は4人掛けの流しそうめん卓が2つ、通常卓は6人掛けと4人掛けが一つずつ、カウンターが3席。

20人ちょいでいっぱいになりそうなお店です。

キッズチェアはありませんでしたが、ベビーカーで入店させていただきました。

雨の日曜13時頃、先客は2名。

BGMはなく、壁掛けテレビにはバラエティ番組が映っています。

ら福のメニュー

2020年2月訪問時のメニューはこんな感じ。

ら福のメニュー

にゅうめん(温かいそうめん)が基本ですが、流しそうめんはできるようです。

ら福のメニュー

そうめんだけでなく、揚げ物やご飯ものもラインナップされていました。

お店の外にはメニュー写真がありました。よりイメージが湧きますね。

ら福のメニュー

2月は限定メニューとして、「そうめん鍋」もラインナップされていました。

ら福のにゅうめん

結構やるじゃん系のラインナップです。侮れない、そうめん。

ら福のメニュー、実食!

総じてダシで食わせる!意外性のあるそうめんメニューに舌鼓を打ってきました!

そうめん鍋(1,000円)

ら福のそうめん鍋

やっぱりこれでしょ!期間限定のそうめん鍋(1,000円)!

味付けは「味噌」と「鶏塩」から選べましたが、あっさりいきたいので「鶏塩」でお願いしました。

ら福のそうめん鍋

アツアツのそうめんが、いやにゅうめんが、あっさりさっぱりとしたダシをしっかりと含んで美味い!

ら福のそうめん鍋

寒い季節にありがたい、鍋焼きスタイルで。

ら福のそうめん鍋

淡路島ポーク(いのぶた)をメインに、つみれに野菜、油揚げにお麩など具沢山!

ら福のそうめん鍋

そうめんでお腹いっぱいになることなんてあるの?と思いましたが、ボリュームもたっぷりでホッコリしました。

にゅうめんって「ダシ」を吸わせていただくと、こんなに美味しいんですね。

そうめん自体がうどんやそばと比べて食べ応えがないので、喉越しで売り出しているのかと思ったら、まさかここまでダシとマッチするとは・・・。

ちょっとしたパラダイムシフト(価値転換)が起こるとは思いもよりませんでした。

価値観変わったわ・・・。

淡路牛にゅうめん(900円)

淡路牛乳麺、ではない!淡路牛を乗っけたにゅうめんです。

ら福の淡路牛にゅうめん

こちらも旨味がしっかりと出たあっさり系のスープをベースに、甘辛い牛肉と玉ねぎが乗っかっています。

ら福の淡路牛にゅうめん

水菜のシャキシャキとした食感と、ピリッとした糸唐辛子がアクセント。

食べ進めるにつれて、牛肉と玉ねぎの旨味がスープいっぱいに広がり、それが細いそうめんに絡んでまた絶品!

ダシを吸わせて食べる、これ関西の十八番テクニックですがまさかここまでそうめんがマッチするとは・・・!

ら福の素麺は金山製麺謹製。福良マルシェでも買えるよ

ら福のそうめんは、地元福良の金山製麺謹製。

ら福のパンフレット

歩いてすぐの福良マルシェでも買い求めることができるので、お土産にもおすすめです。

福良マルシェの金山製麺の素麺(ら福)

今度は暑い時期にそうめんでいただいてみたいぞ!

ら福の店舗情報

食べログにもまとめられていないので、店舗情報を掲載しておきますね。

「そうめん処 ら福」

営業日:水曜、土曜、日曜

営業時間:10:30〜16:00

電話番号:080-8348-8954

インスタグラム:lafuku_tenobesomen

以上、「淡路島福良のそうめん専門店!?「ら福」でランチしてきたよ!」でした!

https://www.kobe-np.co.jp/news/awaji/201912/0012994569.shtml

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です