カサゴ

ゴールデンウィークにはライトゲームを

ゴールデンウィークは、朝マヅメの堤防でライトゲームを楽しんできました。

透き通った晩秋の漁港の水面(2019.11)

最近は、釣れるものを釣れるように釣る気が抜けたスタイルがお気に入りです。

漁港のライトゲームで使いたいタックル

とりあえず手頃なライトゲームロッドに、番手の小さめなリールを合わせて。

ソアレBBアジング610LS

ということで、お気に入りのソアレBBアジング610LSをチョイス。

アジングロッドではあるものの、万能ライトゲームロッドということでシーバスゲームも楽しめちゃいます。

トトシャッドで釣ったシーバス62cmとソアレBBアジング(2019.10)

詳しいインプレに興味のある方は、こちらの記事もどうぞ♪

ソアレBBアジング610LS
ソアレBBアジングS610LS本気インプレ!アジングだけじゃない、超名作ロッド! シマノのライトゲームロッド「ソアレBBアジングS610LS」を2年間使い倒したので、本気でインプレしてみたいと思います。 ...

リールには2500番台のハイギアリール、ラインは0.4号のPEラインを合わせます。

手軽で気軽なライトゲーム、手っ取り早く魚に会いたいということでチョイスするのはマイクロワインド。

デルタマジック3.5g#3に、デュアルビームを合わせます。

created by Rinker
カツイチ(KATSUICHI)
¥535
(2024/05/19 23:15:06時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥495
(2024/05/19 23:15:06時点 Amazon調べ-詳細)

ワームカラーは、なんだかんだピンク系が潮色やタイミング問わず使いやすい気がしますね。とりあえずヤル気のある魚にアピールしてくれるというか。

ヤル気のある魚を掛けていく釣りなので、カラーチェンジは基本しません。

堤防際の捨て石周りを探ると

写真はイメージですが、とりあえず手堅く堤防の足元ボトム付近を探ります。

ところどころ海藻のホンダワラが生い茂っていますが、海藻周りをチェックしても反応なし。

時折、豆アジの群れが回ってくるのでワインドでちょっかいを掛けていると、捨て石周りからヤミハタが飛び出してきました。

 

捨て石周りの根魚の方が反応いいのね♪と、同じ釣り方でもう1枚追加です。

豆アジも食ってきましたが、フックサイズが大きすぎたのか抜き上げ時にポチャリとオートリリース。

フックサイズを#3から#6を下げて再チャレンジです。

が、いつの間にか豆アジの群れもどこかへ行ってしまわれたようで…(爆)

再び、ボトム付近の捨て石周りでワインドさせるとヒット!

上がってきたのはカサゴ、九州ではアラカブで呼ばれています。

全国どこでも付き合ってくれる、気のいいヤツです。

と言いつつ、ロックフィッシュ系は活動エリアが狭く、キープしすぎるとエリアから魚影が薄くなってしまうと考えているので極力リリースしています。

 堤防先端で突如ボイル発生!そんな時にも…

堤防の先端付近まで探り歩いてくると、突如バシャバシャッ!と明らかに捕食音だとわかるボイルが発生。

すぐさまボイルの方向へルアーをキャストし、表層付近を一定のリズムでワインドさせてくると、ドンッ!というアタリ。

魚をいなしつつ、寄せてくるとフッコサイズのシーバスでした。

サッカーのこぼれ球ではないんですが、「ここで来るだろう」場所とタイミングに居合わせることができるのって、やっぱり嗅覚なんすかね。などとひとりごちます。

このポイントは、前回の釣行でヒラスズキ60cmを釣った場所と非常に近いものの、今回はマルスズキでした。

ベタ凪の堤防で釣るヒラスズキヒラスズキといえば、荒れた磯からのサラシ打ちのイメージが強い釣り物。 ですが、今回はベタ凪の堤防から60cmヒラスズキをキャッチで...

スズキ族がウロウロしているということは、ベイトが豊富なんでしょうか。確かに豆アジやスズメダイみたいな小魚は堤防際で見かけたものの…。しばらく通って調査してみたいと思います。

1時間弱の釣行でリフレッシュ

正味1時間程度の釣行で、3魚種4匹が釣れてくれて気分転換になりました。

根魚もフッコも同じタックルが流用できるので、手返し良くテンポ良く探れるのも魅力の一つですね。

慣れないフィールドなので、「何を釣るか?」ではなく、「何が釣れるか?」を知るために、しばらくは楽しみながらフォールドの特性への理解を深めつつ、釣り進めていきたいと思います。

XInstagramでも鹿児島の釣り情報を発信しているので、よかったらチェックしてみてください。

当日のタックル

以上、「ゴールデンウィークにはライトゲームを」でした!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です