淡路島アジング2018!春のライトゲームを堪能!

アジングタイトル

2018年春の淡路島アジングシーンはちょっと異常?

25cmアップの淡路島ジャンボサイズの他、グッドサイズのサバも釣れ回っているとか・・・。

気になる春のライトゲーム、早速釣査に行ってきました!

釣れない状況で釣る。アジャストしている人のメソッドとは

小潮のゆるい潮回り。

釣り人はたくさんいるけれど、釣り上げている人はほんの少数。

魚はいる。だけど、食わせるにはピンポイントでアジャストさせる必要がある状況。

ジグヘッドの形状、ワームのカラーやサイズをくるくるとローテさせて、反応が得られるセッティングを探します。

結果、「0.3gジグヘッドにリブ付きワームをセットしドリフトさせる」が本日の正解だったようで、アタリが散発的に得られました。

フッキングが甘くすべて抜き上げバラし・・・。

ということで、翌日にリベンジへ向かいました。

超フィネスなセッティングでヒット連発!

前日の反省を胸に、超フィネスなセッティングでリベンジ釣行。

0.6gのジグヘッドに、リブ付きワームをセット。

昨日より風があるので、ギリギリジグヘッドの存在を感じられる0.6gからスタート。

キャストし、5カウントしてからゆっくりロッドをサビいてくると・・・

フロードライブヘッド0.6gとジャッカルアミアミを丸呑みのアジ12cm(2018.3)

幸先よく小アジがヒット。

サイズは12cmといったところでしょうか。

珍しく、ジグヘッドを丸呑み。

フロードライブヘッド0.6gとジャッカルアミアミを丸呑みのアジ12cm(2018.3)

フィッシュグリップを忘れた釣行だったので、取り外すのに苦労しました。

2投目はスカ。

3投目、同じコースを通して極小アタリ。

フロードライブヘッド0.6gとジャッカルアミアミを丸呑みのメバル10cmとソアレBBアジングとナスキーC2000S(2018.3)

こちらは10cmちょいの白メバル。

フロードライブヘッド0.6gとジャッカルアミアミを丸呑みのmebaru10cmとソアレBBアジング(2018.3)

アジと同様に、ジグヘッドを丸呑み。

だるい潮にふわりと軽量ジグヘッドを乗せて漂わせたので、違和感なく吸い込んでくれたようです。

この日、アジの群れは小規模なようで、1箇所で粘るよりランガンしたほうが吉。

港の内側で18cmのまあまあサイズを追加。

写真を撮り忘れてしまいましたが、こちらもジグヘッドを丸呑みでした。

キャストコースを変え、堤防際を探るとこんなゲストも。

フロードライブヘッド0.6gとジャッカルアミアミを丸呑みのタケノコメバル7cm(2018.3)

キーホルダーサイズのタケノコメバル。

フロードライブヘッド0.6gとジャッカルアミアミを丸呑みのタケノコメバル7cm(2018.3)

カウント5はレンジが上だったようで、反転食いの下顎フッキングでした。

その後、2回連続でサバがかかるもフッキングが甘くバラシ。

エステルラインでも躊躇せずあわせてあげたほうがよかったかもです。

ここまで、小一時間。

もっと粘れば回遊もあったかもですが、春を感じられたので納竿としました。

本日のヒットルアー

アミアミ1.5インチクリアグロークラッシュ(ジャッカル)

ジャッカルのアミアミ1.5インチ(クリアグロークラッシュ)。

リブがしっかり水を噛んでスローなフォールを実現。

ピロピロ動くテールは超絶柔らかく、吸い込みも抜群。

活性の低い時期に活躍するワームです。

本日のタックル

●ロッド:ソアレBB アジング S610LS(シマノ)

●リール:ナスキーC2000S(シマノ)

●ライン:鯵の糸 240m 0.35号(サンライン)

●ジグヘッド:フロードライブヘッド0.6g (土肥富)

●ワーム:アミアミ 1.5インチ クリアーグロークラッシュ(ジャッカル)

▼▼▼

春の陽気に誘われて、釣り人もフィールドに増えてきました。

キャストする際は周りに注意して、安全な釣りを楽しみましょうね。

お互い趣味を楽しみに来て、嫌な思いをするのもつまらないので・・・。

以上、「淡路島アジング2018!春のライトゲームを堪能!」でした!

こちらの記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA