チヌトップゲーム用ルアーにおすすめ!クロナッツ67実釣インプレ

チヌのトップゲーム用ルアーも色々専用ルアーが出ていますが、今回は特におススメ!

というかタックルボックスに1つは忍ばせておきたいトップウォーターペンシルのご紹介です!

TACKLEHOUSE(タックルハウス)のCRONUTS(クロナッツ)67

それがこちら。TACKLEHOUSE(タックルハウス)のCRONUTS(クロナッツ)67です。

基本スペックとしては、全長67mm。

90mmサイズが多いチヌ用ペンシルの中では、小ぶりなほうですね。

しかし、自重は6.5gとサイズに対して重めです。

このサイズ感・重量感のチヌ用トップペンシルとしては他にないと思います(2016年9月現在)。

飛距離はだいたい30m〜35mほど。(ロッド:ペスぺ85/ライン:PE0.6号)

アクションの基本はドッグウォーク。

横方向へ小刻みにスライドアクションします。

少ない移動距離でしっかりと見せる、クイックターンが得意です。

下の写真のように糸絡みしてしまうこともないので、1キャスト1キャスト無駄にせず探っていけます。

浮き姿勢は斜め20〜30度くらい(真水の場合)。

ちょこんと下がったリアがかわいいですね。

CRONUTS(クロナッツ)67の使用シーン

1.ベイトが小さいとき

トップウォーターシーズン初期の6〜7月や、また8〜9月になってもベイトが小さいときに効果を発揮します。

明らかに、9cmクラスのルアーより乗りが良いときがあります。

マッチザベイトですね。

ちなみに、ペンシルはオープンエリアのシャローでイワシなどの回遊性のベイトが多い時に効果を発揮し、ポッパーはストラクチャーが多い小規模河川や小磯などで活きてくるイメージがあります。

2.なかなかトップに乗らないとき

小粒なので、口が小さめのチヌでもしっかり食わせられます。

逆に言うと、9cmや12cmクラスのペンシルと比べチヌのサイズは選べないかもしれません。

しかし、とりあえず1枚釣りたい!という人にはめちゃおススメです。

3.ピンポイントで攻めたいとき

一番のポイントはココかもしれません。

「あのポイントでバイトはあったが、乗らなかった」「追ってきたものの、反転してしまった」

CRONUTS(クロナッツ)67は横移動の距離が長いので、しっかりじっくり同じコースをトレースすることができます。

大き目のペンシルでミスバイトが多発したなども、フォローで使える2軍的な役割も果たせそうです。

4.大場所でも小場所でもOK

エリアとしては、だだっ広いオープンエリアのシャロー(サーフ)でも、狭い小規模河川の障害物周りでも、どちらでも使用できます。

「ちょうどいい」サイズ感で、対応できるエリアは広くありそうです。

チヌトップゲームのお守りルアーとして

サーフ〜リバーまで使用エリアが多いことや、小粒なのでとりあえず泣きの1枚でもキャッチできること、他のトップウォータープラグのフォローとしても使えること。

そして、1軍ルアーとしても使用できること。

これらの点を考えると、チヌのトップゲームをやるときに1つはバッグに忍ばせておきたい一品です。

多機能というか、汎用性が高いというか、使い勝手がいいというか。

キャスタビリティ、アクション、フックの強さ、フックの絡みにくさ、食い込みの良さ、どれをとっても高いパフォーマンスを発揮します。

カラーについては、個人的には視認性が高いダブルオレンジを好んで使っています。

その他にも、視認性が高いカラーとしてはダブルピンクやオレンジヘッド

、スカイブルー(ヘッドがチャートグリーン)やHGレインボー
(ヘッドがレッド)などがあります。

以上、「【チヌトップゲーム用ルアーにおすすめ!】CRONUTS(クロナッツ67)【実釣インプレ】」でした!

おすすめ記事セレクション!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA