奈良天理の「一徳ラーメン」で至高の塩らーめんを食べてきたよ!

奈良県天理市にある麺屋「一徳」で至高の塩らーめんをいただいてきたのでその実食レポです!

その味もさることながら、ジャズが流れるカウンターだけの店内、女性だけのお客さんが多くいらっしゃったのが印象的でした。

奈良県天理市の麺屋「一徳」

お店は国道169号線沿い、交差点の一角にあります。

あれ?シャッター閉まってる?と思っても、横断歩道正面からみたら暖簾がかかっていました。

お店までのアクセスは、天理駅から徒歩8分ほど。

車では、歩いて3分ほどのところに駐車場(6台)がありました。

距離にして300mほど離れた場所です。

たくさんののぼりが立てられていたので、初見でも迷わずに駐車できました。

店内はカウンター8席程度、若いご主人が一人で切り盛りされています。

平日11:45頃に訪問しましたが、人気店らしくお店の外に2人待ちでした。

お客さんの層としては、高校生のカップル、年配のご夫婦、ご婦人2連れなど女性のお客さんが多く出入りしていました。

麺屋「一徳」のメニュー

メニューはいたってシンプル。

・塩らーめん(750円)

・醤油らーめん(750円)

・〆飯(250円)

・ライス(150円)

・替え玉(150円)

・瓶ビール(550円)

以上です。

サイドメニューは一切なし。

シンプルで潔い雰囲気のお店です。

麺屋「一徳」の塩らーめん、実食!&〆飯も!

じゃん。こちらが麺屋「一徳」の塩らーめん(750円)です。

なるほど、確かにシンプル。

そして、女性にも人気が出そうな印象。

麺はややウェーブがかった細麺で、小麦の旨みがしっかりしています。

その麺の旨みを引き出すのは、やはりスープ。

煮干しや鰹節といった魚介だし系ですが、非常に上品であっさりしており臭みはゼロ。

化学調味料無使用ということもあって、パンチではなく旨みが口の中に広がります。

チャーシューは薄く柔らかく、香り高くでまるで美味しい花びらのよう。

あっという間に平らげてしまいました。

そこで、投入するのが〆飯(250円)。

ほぐした蒸し鶏とネギ、ゆず胡椒が添えられたライスを残ったスープにインしちゃうやつです。

非常にさっぱりとしたスープと、非常にさっぱりとした〆飯が合わさると・・・やはり非常にさっぱりとした雑炊が出来上がります。

(絵的に綺麗ではなかったので写真は撮りませんでした)

上品に味わえる塩らーめんに、チョイ足ししたいときにはおススメです。

が、らーめん自体の余韻を楽しむのもアリかなと思いました。

それだけ洗練された塩らーめんでした。

▼▼▼

天理エリアはパンチのあるスタミナラーメンの聖地ですが、洗練された塩がいただける貴重なお店のように感じます。

食べ比べしてみるのも面白そうです。

以上、「奈良天理の「一徳ラーメン」で至高の塩らーめんを食べてきたよ!」でした!

一徳

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA