タックル

ラパラ「CD11」/マイ・フェア・ルアー#1

壱号さんが釣ったラパラCD11とシーバスとベイトロッド/マイフェアルアー

新企画「マイ・フェア・ルアー」の第1弾!

今回のゲストは老舗ブログ「淡路島スズキFISHING雑想ブログ」の壱号さんです!

壱号
壱号
よろしくお願いします
スズシゲ
スズシゲ
よろしくお願いします!いつもブログ見させてもらってます。
壱号
壱号

不肖ながら、この度紹介させていただくのは、世界中で最も多く、そして長く愛用されているラパラのルアーです。

ルアーフィッシングを昔から楽しんでいるアングラーさんにとっては、すでに説明不要の名品ですが、ここ数年の間に入門されたアングラーさんにとっては、使ったことはおろか見たこともないという人もいらっしゃるでしょう。

ラパラは北欧フィンランドのメーカーです。創業者のラウリ=ラパラが第二次世界大戦中に従軍していた時、隊の食糧確保のために制作した木製の魚型擬餌針にルーツを発します。当時、軍隊では爆薬で魚を捕るという野蛮な方法が用いられていたようですが、それよりも効率的に確保できた(釣れた)のだそうです。戦後、本格的にルアー作りを始め、その圧倒的な性能から世界中に知れ渡るほどのメーカーに成長しました。

世界中のあらゆる肉食性の魚が対象魚と言っても過言ではないラパラなので、ルアーのタイプやサイズも様々に存在します。クラシックラパラと呼ばれる、創業者自らが手掛けたラパラルアーの最大の特徴は、天然素材製であるということです。主にバルサ材を使用することで、他のルアーにはないクイックな応答性を備えています。また、マグナムシリーズは、大型の対象魚を想定してアフリカ産のハードウッド材を使用しているという拘りぶりです。

天然素材を使用するということは、どうしても品質にばらつきが出る恐れがありますが、ラパラルアーは、考え抜かれたシンプルかつ合理的な製造過程で、世界中どこで買っても同じ性能を発揮することができます。これは、実際に数機種手にしてもらうと理解できるかもしれません。

私は、スズキ釣りがメインのローカルアングラーなので、今回は私がラパラルアーで最も多用するCD11を紹介していきます。

スズシゲ
スズシゲ
なんかもう楽しみ!

CD11 / ラパラ

壱号さんが釣ったラパラCD11とシーバスとベイトロッド/マイフェアルアー
スズシゲ
スズシゲ
それでは改めて、今回ご紹介いただくルアーを教えてください!
壱号
壱号

CD11です。CDはカウントダウンの略称です。

メバルなどの小物用のCD1から、シーバスにマッチしたCD11まで2cm刻みでサイズが揃っていますが、私が淡路島のシーバスに使うのは、もっぱら最大サイズのCD11です。

CD11の対象魚

壱号さんが釣ったラパラCD11とシーバスとベイトロッド/マイフェアルアー
スズシゲ
スズシゲ
これまでの流れ的にお伺いするのも野暮ですが、CD11で狙える対象魚は・・・
壱号
壱号
シーバスです
スズシゲ
スズシゲ
ですね!

CD11が活躍する時期

壱号さんが釣ったラパラCD11とシーバスとベイトロッド/マイフェアルアー
スズシゲ
スズシゲ
ちなみに、CD11が活躍するシーズンや時間帯ってどんなときなんですか?
壱号
壱号
1年中、24時間、いつでも使えます。

私はオールシーズン使うので、活躍する時期や時間帯はあまり意識していません。 

スズシゲ
スズシゲ
万能感がすごい!壱号さんは1年中使用されるとのことですが、ルアーローテーションの位置付けとしては「先発」での起用が多いですか?

それとも他のルアーで攻め切った後の「抑え」としての起用が多いですか?

壱号
壱号
私はその場の感覚で適当に始めるので、スズシゲさんのようにシステマチックな釣りはできてないです。

せいぜい10キャストしかできない短時間ならCD11だけ使いますが、基本的に先発は厳寒期以外はトップウォータールアーが多いです水面を割らせることが好きなので、それで釣れるとうれしいです。

今日はこれで釣りたいと思うルアーを投げて、反応ないな、と判断したらCD11を出す。こんな感じですね。

スズシゲ
スズシゲ
切り札感

CD11がハマるシチュエーション

スズシゲ
スズシゲ
シーバスはいろんなエリアに生息していますが、CD11が活躍するシチュエーションとかってあります?
壱号
壱号

基本的に、シチュエーションも選びません。

ただし、遠浅の海岸の50m以上沖のスポット、といったピンの条件は飛距離的に難しいですが。

私が使うのは日中、マズメは波止の際や潮流の変化のある場所。テトラ際に発生したサラシの下。流れのある河川では、水中のシモリの裏を掠るようにダウンクロスで狙います。

スズシゲ
スズシゲ
木材ルアーなので飛距離はあんまり出ないですよね。でもあらゆるシチュエーションで投げられるってのはすごいな・・・。近距離パワー型?

CD11の操作のコツ

リールとロッドと水辺と緑と森と岩
スズシゲ
スズシゲ
CD11を操作するときのコツってあります?
壱号
壱号

着水と同時に震えながら沈下するので、魚に違和感を与えません。

名前の通りカウントダウンして引くことで任意のレンジをトレース可能です。

使い方は何といってもテクトロが最強。テクトロのやり方については、今の時代はネット検索ですぐにわかりますが、CDでやるときは、きびきびと一定のスピードで歩くだけです。

水深の浅いポイントでは、あえてロッドを立てて水を激しくかき分けるように水面直下を高速リトリーブするのが有効な場合もあります。(まあ、これで釣れる時はほとんどペンシルベイトに替えてますが)

速く引いてもゆっくり引いても釣れます使い方は使う人が決めればよいと思います。

ラパラは11個出荷前にスイミングテストをして合格したものだけを流通させているので、箱から出してそのまま使ってもOKです。

ただし、バルサ製ということもあって本体は比較的柔らかいので、何度か魚を掛けたり、ぶつけたりした時の衝撃で泳ぎが偏ることがあります。時々チェックして必要があればトゥルーチューンしてあげてください。

また、リップが差込み取り付けなので、衝撃で外れて紛失してしまうことがあります。リップの取れたCDは、リップの取り付けてあった溝を瞬着で目止めすればシンキングペンシルとして再利用できます。実は、これがよく釣れたりします。

スズシゲ
スズシゲ
あ!質問です!個人的にもCDシリーズは何本か使いましたが、フックが思いのほか錆びやすいように感じています。この辺りはなにか対策をされていますか?
壱号
壱号

20年ほど前、並行輸入品(正規輸入品に比べて安価)が出回っていたころは、ブロンズ製の全く刺さらないフックとすぐ伸びるスプリットリングがとりあえず着けられていたので、購入後即交換が鉄則でした。リングは#3、フックはがまかつトレブル13の4番を選んでいたと思います。

今はフックも各社いろいろあって、好きなのを着ければいいと思いますが、2番以上のフックは重くて動きが極端に悪くなりました。

現在の純正フックですが、個人的にはあまり良いものではないと感じます。錆びることより、強度的に頼りないです。

スプリットリングについても頼りなさそうなので、#3または#4の信頼できるスプリットリングに交換しています。(←ヤリエのSPリングが最強です)

近年リリースされたCD9、CD7のアバシモデルは、フランス製のVMCフックが純正装着されていますが、これは粘りがあり高性能だと思います。

スズシゲ
スズシゲ
1を聞くと20年遡ってから回答もらえるのすごい

CD11のお気に入りのカラー

スズシゲ
スズシゲ
ちなみに、壱号さんのお気に入りカラーとかあります?
壱号
壱号
レッドヘッド、落鮎、赤金です。

CD11について語りたいこと

スズシゲ
スズシゲ
最後に、CD11についてコメントがあればお願いします!
壱号
壱号

使えば使うほど、その性能と対応力の深さに絶対の信頼を置けるルアーです。

以前は、どこの釣具屋でも普通に取り扱っていましたが、近年は店頭で見かけることもあまりなくなりました。淡路島の釣り具店でも、今後まず仕入れることはない、と言われました。理由は簡単、売れないからです。店頭では、人気プロアングラーが監修したとされる飛距離抜群、使用場面限定的なルアーばかり並んでいます。海のルアー釣りをするお客さんの多くは、その時釣れているルアー、カラーまで指定して買いに来るそうです。つまりは、釣れた情報からそのヒットルアーを求める傾向にあるということなんです。そして、そういったルアーは、流行が過ぎればほとんど忘れ去られます。

ラパラを使う人なんて、今の淡路島ではほとんどいないでしょうし、人気ルアーの見た目のリアルさ、美しさから比べると、ラパラのシンプルさは支持されないのも仕方ないことかもしれません。しかし、漁具として古くから発展し、半世紀以上大きなモデルチェンジもなく存在するラパラの実力は、釣りが下手くそなのが悩みの私でも間違いなく本物であると断言できます。

スズシゲ
スズシゲ
釣れるけど売れないから入手できなくなるってのは悲しいことですね・・・。CD11、ちょっとタックルボックスに忍ばせてみようかな〜と思いました。本日はありがとうございました!

「隠れたルアーに光を」をテーマに、1人の釣り人であるあなたのお気に入りルアーを紹介いただく「マイ・フェア・ルアー」のコーナー。

第一弾は、世界のラパラから。名作カウントダウンシリーズ、特にCD11についてお話いただきました。

ご協力いただいた壱号さん、ありがとうございました!

スズシゲ
スズシゲ
完全に余談ですが、僕が人生で初めてランカーシーバスを獲ったときのルアーはCD9(レッドヘッド)だったりします

以上、「ラパラ「CD11」/マイ・フェア・ルアー#1」でした!

オードリーヘップバーンとマイフェアルアー
2019年は新企画「マイ・フェア・ルアー」を始めます! 2019年の本ブログは一味ちがう! ということで、新しい企画を立ち上げます! あなたのお気に入りルアーを教えてください...

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA