美味いやん!近江ちゃんぽんをちゃんぽん亭総本家で実食!

近江ちゃんぽんをご存知ですか?

滋賀県彦根エリア発祥のご当地グルメです。

自分は「なにそれ?美味いん?」→「なにこれ!美味あ!(パァァ)」というパラダイムシフトがおきました。

侮れない。オススメです。

そもそも近江ちゃんぽんとは

近江ちゃんぽんの認定店はいくつかありますが、「ちゃんぽん亭総本家」が一番有名です。

近江ちゃんぽんの特徴は、次の4つ。

1.実は、中華麺を使っています!

2.実は、和風だしなんです!

3.実は、魚介が入らず野菜たっぷりなんです!

4.実は、お酢を入れて食べるんです!

(近江ちゃんぽん協会HPより抜粋)

かなりあっさりめな感じですね。

近江ちゃんぽん発祥の店「をかべ」が「ちゃんぽん亭総本家」に規模拡大!

近江ちゃんぽんの発祥は彦根の食堂「をかべ」というお店。

その後ドカンと人気が出て専門店「ちゃんぽん亭をかべ」をオープン。

さらに規模拡大し「ちゃんぽん亭総本家」となりました。

ということで、今回はちゃんぽん亭総本家高月店に突撃してみました!

近江ちゃんぽんのメニューと値段

日曜12時台に訪問。

結構人が並んでいます。

店内はファミレスのような広さですが、かなり混み合ってますね。

メニューはこちら。

一番オーソドックスな野菜並盛りで580円です。

チゲ、あんかけ、ゆず塩などバリエーションも豊か。

麺や肉、野菜の量を調整できて楽しいです。

豚そば(680円)というラーメンもありました。

チャーシューではなく豚バラ肉を使っているあたりは、徳島ラーメンに近いですね。

こちらも美味しそうです。

いざ実食!近江ちゃんぽんの底力をみた!

こちらが近江ちゃんぽん(麺0.5玉/530円)です。

透明スープはあっさりした見た目ですが、コクと旨味がすごい!

スマートなようで情熱的というか、意外とこってりしています。

麺は中太でもちもち。

で、ココがかなりすごいんですが、麺がスープとよく絡んで相性バッチリ。

美味しいラーメン屋でも麺とスープがちぐはぐでそれぞれの良さを生かしきれない場合がありますが、ココは違います。

麺とスープ。

お互いがお互いの持ち味を引き出しあう。

最高のコンビネーションです。

野菜はねぎ、キャベツ、もやし、キクラゲ、にんじんがメイン。

野菜自体にしっかりと塩味がついていて、滋味深い味わいが広がります。

そして、控えめに主張するのが豚こま。

具材チームも良いバランスをキープしています。

そのまま食べ進めてももちろん美味しいですが、味に変化球をつけるのも一興。

後半はコショウでさっぱり、お酢で味に深みをもたせ、自家製ラー油で辛さを加速させてペロリといただきました。

▼▼▼

近江ちゃんぽん?

ちゃんぽんといったら長崎じゃないの?

そうじゃないんです。

美味しいんです。近江ちゃんぽん。

奇抜さはありません。

でも、箸がとまらなくなります。

家の近くにあるとめちゃくちゃ重宝しそうなお店でした。

うらやましいぜ、滋賀県民・・・!

ちゃんぽん亭総本家

以上、「美味いやん!近江ちゃんぽんをちゃんぽん亭総本家で実食!」でした!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA