【海鮮丼も!淡路島のランチ定食が美味しい居酒屋さん】三富(南あわじ市)

淡路島といえば、色んなお店が観光情報誌に乗っていますが、中にはローカルすぎてなかなか掲載されないお店もあります。

でも、そんなお店でもしっかり味の方は美味しかったりするんですよね。

今日は、海鮮丼も美味しい居酒屋さん「三富」をご紹介します。

三富ってどんなお店?

南あわじ市の、西淡志知インターチェンジと国道28号線をつなぐ道路沿いにあります。

道路沿いにはお店の看板が出ているので、大通りからちょっと裏に車で入るとお店がすぐに見えます。

地元の人に使われる居酒屋さん、という感じですが、ランチタイムは定食などをいただくことができます。

店内は個室が3つ、それぞれ4人掛けのテーブルが2つあるので、座敷に24人ほどは入れるはずです。

また、カウンターも数席ありました。

三富のランチメニュー

ランチメニューは結構色々あり、唐揚げ、トンカツ、小海老のよせ揚げ、穴子の柳川風、石焼キムチ親子丼などなど、多岐に渡ります。

今回は、海鮮丼と石焼キムチ親子丼をオーダーしました。

三富の海鮮丼

まずは海鮮丼(1,650円)です。

海鮮丼のほかに、サラダ、味噌汁、お漬物がついてきます。

サラダはトマトにキュウリ、ポテサラにキャベツといった感じです。

海鮮丼は、イクラ、アワビ、マグロ、タイ、イカがてんこ盛りです。

極細に刻まれたキュウリがまたいいアクセントになっています。

全体的に上品な味わいですが、タイが絶品ですね。さすが、鳴門海峡が近いだけあります。

イクラはぷちっとはじける食感。鮮度がいい感じですね。

イカは、柔らかくてあまい。アワビは、こりこりとした食感でほんのりと潮の香りを感じます。

ごはんにはのりとすりごまが乗っているのも、ちょっとした心遣いだな~と思いました。味に深みが出ますね。

また、マグロのサシもびっくりするほど綺麗でした。

お味の方も、とろとろもっちり濃厚でした。じゅわっとうまみが舌の上で広がる感じ。

福良の鼓亭のネギトロ丼もかなり美味しいですが、淡路島は何気にマグロをきちんと仕入れるカルチャーがあるみたいですね。海流的に黒潮はあたらない場所にあるのに。

三富の石焼キムチ親子丼

こちらはちょっと変わり種。石焼キムチ親子丼(850円)です。

(ちょっと指が入ってしまいましたが・・・)海鮮丼同様に、サラダとお味噌汁、お新香がついてきます。

石焼鍋の中に鶏とキムチ(ナムル?)と卵黄が入っているので、木製スプーンでガンガンかき混ぜます。

セルフで鶏を卵でとじるタイプの親子丼ですね。

いや、親子丼×ビビンパのハイブリッドというべきか・・・。

からさは、そんなにからくありません。

というか、甘い!たまねぎの甘みがすごいです。これは淡路島ならではですね。

自分でジュッとおこげをつくれるのも、楽しいですね。

玉ねぎもあまい!(感動したので2回言った)

子連れでもOK?

座敷席がメインなので、小さなお子さん連れでも利用できます。

が、子ども椅子はなく、座敷は掘りごたつなので、落っこちないように注意が必要です。

店舗情報(三富)

定休日:火曜日
営業時間:11:30~14:00/17:00~22:00
電話番号:0799-50-3375
住所:兵庫県南あわじ市賀集八幡南189-1

近隣には500円でセルフ海鮮丼を楽しめる福良マルシェもあります。

[blogcard url=”https://suzushige.net/marche-self-kaisendon/″]

以上、「【海鮮丼も!淡路島のランチ定食が美味しい居酒屋さん】三富(南あわじ市)」でした!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA